マイケル・ジャクソンに改名した男性、本来の名前に戻すべく募金集める(英)

マイケル・ジャクソンに改名した男性、本来の名前に戻すべく募金集める(英)

マイケル・ジャクソンに改名した男性、本来の名前に戻すべく募金集める(英)の画像


ウェスト・ミッドランズのモルバーンに住むマイケル・ジャクソンさん(38)は、元々は「ベン・アンドレアス・ロマス(Ben Andreas Lomas)」という親がつけてくれた普通の名前の持ち主だった。

マイケルさんは幼い頃から取り憑かれたように特定のことに関心を持つ性格で、その一つが“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンだった。熱狂的なマイケルファンとして、12歳頃から25年間でグッズや音楽アルバム、ツアーコンサートなどにつぎ込んだ金額は100万ポンド(約1億4,500万円)以上になるという。

そして2015年、自分の名前を法律に則って「ジョン・マイケル・ジャクソン(John Michael Jackson)」に改名したのだ。実はマイケルさんが改名したのはこれが初めてではない。1999年にはザ・ビートルズのファンだったこともあり「ジョン・レノン」に改名している。その後、2011年にこの何かに執着する性格が「アスペルガー症候群が原因だ」と医師から告げられ、自分でも納得したというマイケルさん。しかしながら今回、マイケル・ジャクソンから元の名前に戻すことを決意した。その理由を彼はこう語っている。

「数年前にロサンゼルスへ行った後、すぐに名前をマイケル・ジャクソンに変えました。私は長い間、盲目的に彼を支持してきました。しかし最近は、もう全てがそろそろいいんじゃないかな…という風に考えるようになりました。」

「マイケル・ジャクソンに対してあまりにも多くの疑念を抱くようになったのです。そしてこの名前(ジョン・マイケル・ジャクソン)をどうにかする必要が出てきました。」

マイケルさんは、英「チャンネル4」で今月6日に放送されたドキュメンタリー番組『Leaving Neverland』を見てショックを受けたようだ。

この番組は、2人の男性が子供時代にマイケル・ジャクソンから性的虐待があったことを告白するというものだった。番組を見た後、マイケルさんは長年続けて来たマイケル・ジャクソンのファンをやめ、今まで集めたグッズやCDなども全てゴミ箱に捨ててしまったそうだ。

それでもマイケルさんは、番組を見る前は「また、根拠のないことを放送して…」とその内容に懐疑的だったようだが、「番組に登場した男性達の告白には嘘が無いように見えた」と話している。また、介護の仕事を希望しているマイケルさんにとって、「マイケル・ジャクソン」という名前は就職活動中に企業側を混乱させたり、自身にも小児性愛者のイメージが付くのではないかと気がかりなのだという。

元の名前「ベン・アンドレアス・ロマス」に戻すための手続きに120ポンド(約17,500円)が必要になるが、クラウドファンディングサイトの『GoFundMe』で目標額120ポンドの寄付を募り、すでに全額が集まったようだ。

しかし彼のことを知ったネットユーザーからは、「ダメだこりゃ」「100万ポンドつぎ込んだものをゴミ箱に捨てて120ポンドの寄付を募って、また名前を変えるのか」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2019年3月19日付「Superfan who changed name to Michael Jackson desperately tries to reverse it」(Image: Mercury Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)