エールフランスKLM機内でハスキー犬が死ぬ 貨物室内の酸素がなくなったことが原因か

記事まとめ

  • エールフランスKLMの旅客機で、フライト中預けられたハスキー犬が貨物室で死んだ
  • 同社の従業員はこの事故について「室内の酸素がなくなってしまった」と明かしている
  • 動物愛護団体は「ペットをキャビン内に持ち込めるよう引き続き訴えていく」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております