ニコラス・ケイジ、交際中の日本人女性と結婚か

ニコラス・ケイジ、交際中の日本人女性と結婚か

ニコラス・ケイジ、交際中の日本人女性と結婚かの画像


2004年に3番目の妻、韓国系米国人のアリス・キムさんと結婚し息子をもうけるも、約12年の結婚生活にピリオドを打ち2016年に別居したニコラス・ケイジ。その後は復縁の噂も囁かれたが結局、関係の修復には至らなかった。そしてニコラスは、2018年4月より日本人のメークアップアーティスト、コイケ・エリカさんと交際を開始した。

そんなニコラスとエリカさんが現地時間23日、米ネバダ州クラーク郡の役所を訪れ、結婚許可証の申請を行ったと芸能情報サイト『TMZ』が伝えた。結婚許可証は婚姻手続きの前に行う事前登録のようなもので、申請する州により有効期限が異なる。ネバダ州では許可証の有効期限が1年のため、万事順調に進めばニコラスとエリカさんは向こう1年以内に州内で正式に結婚することになる。

昨年5月にビバリーヒルズでツーショットを目撃されたニコラスとエリカさん、最近はニコラスの新作アクション映画『Primal(原題)』撮影のために訪れたプエルトリコでも一緒に過ごしているところがキャッチされているものの、彼女がメークアップアーティストだということ以外はあまり知られていないのが事実だ。

ちなみにニコラスには過去の交際相手との間に成人した息子ウェストンさんがおり、2014年には孫も誕生している。また韓国レストランのウェイトレスだったアリスさんの他にも、これまで女優のパトリシア・アークエット、エルヴィス・プレスリーの一人娘リサ・マリー・プレスリーと結婚歴があるニコラス、エリカさんとの結婚が成立すれば自身4度目となる。

おめでたいニュースだけに、ウェディングやエリカさんについての詳細情報にも注目したい。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)