盲目の老犬をそばで支える生後4か月の仔犬 「2頭はいつも一緒」(米)

盲目の老犬をそばで支える生後4か月の仔犬 「2頭はいつも一緒」(米)

盲目の老犬をそばで支える生後4か月の仔犬 「2頭はいつも一緒」(米)の画像


米ノースカロライナ州ムーアズビルに住むチェルシーさんとアダム・スティーペさん夫妻のもとにゴールデン・レトリバーのチャーリーがやってきたのは、10年以上も前になる。当時は小さかったチャーリーも今では11歳になり、人間の年齢にすると80歳を超える。

2016年、チャーリーは緑内障により左目の眼球を摘出する手術を受けたが、その後右目の視力も低下し、最初の手術から1年後には右目の眼球を失った。いつも夫妻に幸せを与えてくれていたというチャーリーは、両目とも失明したことで明らかに動きが遅くなり、以前のように活発に遊ぶことも減っていった。

そんなチャーリーに変化が訪れたのは、今年の1月だった。スティーペさん夫妻は、チャーリーと同じゴールデン・レトリバーを新たな家族として迎え入れたのだ。チェルシーさんは米メディア『NBC Philadelphia』に、マーベリックとチャーリーの関係について次のように語っている。

「ペットとしてもう1頭飼いたいとずっと思っていました。ちょうど私が妊娠したので、生まれてくる赤ちゃんが仔犬と一緒に育ってくれたらいいなと考えていたのです。そして光を失ったチャーリーが、少しでも元気になってくれればと願っていました。」

「今年の1月1日にマーベリックがやってきた時のチャーリーの反応はイマイチでした。でも時間とともに、2頭はお互いの存在を心地よく感じるようになったようです。今では2頭はいつも一緒にいるんですよ。マーベリックの溢れるようなパワーをもらって、チャーリーも若返ったみたいです。お互いが特別な存在なのです。」

「マーベリックはチャーリーの目が見えないことをわかっているんだと思います。チャーリーは遊んでいるうちに、おもちゃを失くしてしまうことがよくあるんです。そんな時、マーベリックはそのおもちゃを探し出してチャーリーの目の前に置くんですよ。チャーリーが場所を移動するとき、マーベリックはその様子を気を付けてみているようです。散歩する時はマーベリックがチャーリーにピタリと寄り添い、チャーリーが休憩するとマーベリックも一緒に足を止めるんです。」

「チャーリーは仔犬のマーベリックにマナーを教え、マーベリックはチャーリーの目となってお互いを支えているのです。」

「チャーリーはもう老犬ですから、もういつ旅立ってもおかしくはないと思っていたんです。でもマーベリックがやってきて、チャーリーは変わりました。チャーリーが『マーベリックといて楽しいよ。嬉しいよ』って言っているような気がするんです。今のチャーリーに摘出してしまった目があったなら、きっとキラキラと輝いていたことでしょう。」

チェルシーさんは2頭の日々の様子を、インスタグラム『Charlie And Maverick』に投稿している。2頭が一緒に遊び、じゃれ合い、眠りにつく姿には「目が見えなくても、マーベリックがチャーリーのガイド役になっているんだね」「可愛すぎる」「2頭のフォロワーになるよ」「マーベリックもチャーリーも幸せそう」「心があったかくなる」といったコメントが数多く寄せられている。

画像は『Charlie And Maverick 2019年3月19日付Instagram「Hello there! Charlie and Maverick here. Just a couple of happy pups.」、2019年3月21日付Instagram「Puppy pillow」「Synchronized snacking」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)