松居一代、『バイキング』と坂上忍に警告 「今後二度と私の名誉を傷つけるな」

松居一代、『バイキング』と坂上忍に警告 仮想通貨MINDOL(ミンドル)報道に怒り心頭

記事まとめ

  • 松居一代は、米ニューヨーク・マンハッタンの超高層ビルでの生活を動画で公開している
  • 松居は9日、『松居一代、真実を語る。』としてフジテレビ系『バイキング』に警告
  • 松居と仮想通貨MINDOL(ミンドル)の関係に関し重大な事実誤認報道があったと怒り心頭

松居一代、『バイキング』と坂上忍に警告 「今後二度と私の名誉を傷つけるな」

松居一代、『バイキング』と坂上忍に警告 「今後二度と私の名誉を傷つけるな」

松居一代、『バイキング』と坂上忍に警告 「今後二度と私の名誉を傷つけるな」の画像


松居一代は現在、米ニューヨーク・マンハッタンの超高層ビルに暮らしている。その様子はYouTubeチャンネル『kazuyo matsui』に公開しており、還暦を過ぎてひとり海を渡った彼女のニューヨークでの奮闘ぶりが伝えられている。「日本人の魂と日本女性の品格」を胸に、夢の実現のため頑張っているのだという。

そんな松居一代が9日に投稿した新しい動画は、ニューヨーク入りしてからのものとタイトルや内容がガラリと変わっていた。『松居一代、真実を語る。』とは、フジテレビ系『バイキング』の放送内容に対するクレームであった。

動画によると2018年11月放送の『バイキング』において、松居と仮想通貨MINDOL(ミンドル)の関係について重大な事実誤認報道があったという。「松居がミンドルの広告塔になっていた」「4億円分のミンドルを“宣伝費”として受け取っていた」と虚偽の内容を放送され、名誉が大きく傷つけられたと怒り心頭だ。ちなみに彼女は、自腹で3千万円分のミンドルを購入したことは認めている。

そして「今後二度と私の名誉を傷つけることをなさったら、バイキング! あなた方を名誉毀損で訴えます」「司会の坂上忍! あなたのことも即刻、名誉毀損で訴えます」と敬称も付けずに叫んでいた。この動画は『バイキング』の放送開始に合わせて公開されたが明日以降、同番組や坂上忍がどんな対応をするのかが注目される。

(TechinsightJapan編集部 みやび)