本田紗来と共演YouTuber・すしらーめん《りく》「こんなにも楽しんで貰えた事、宝物です」

本田紗来と共演YouTuber・すしらーめん《りく》「こんなにも楽しんで貰えた事、宝物です」

本田紗来と共演YouTuber・すしらーめん《りく》「こんなにも楽しんで貰えた事、宝物です」の画像


本田紗来は今年2月、オランダのハーグで行われたフィギュアスケートのチャレンジ・カップ アドバンスド・ノービス女子で優勝している。フィギュアスケート選手としても活躍する姉の本田望結が「大会ではまだ負けていないけど、やっていることは私より上です」と認めるほどの実力だ。

実家で同じ部屋を与えられている2人だが、紗来はクリスマスにサンタへの手紙に「自分の部屋が欲しい」とお願いしており、それを盗み見した姉・望結は「3日間号泣した」という。

妹が可愛くてたまらないのであろうか。望結は紗来をハグしたり一緒にお風呂に入ったりしていたが、最近はそうもいかず「(紗来が)冷たくなった」と寂しげである。一方の紗来は、妹としては姉も中学3年生なのでそうしたことはそろそろ卒業したほうがいいと考えてのことだと明かした。

そんな妹に喜んでもらいたいと本田望結がプレゼンツしたサプライズ企画の1つが、YouTuber・すしらーめん《りく》との対面だった。

本田紗来がYouTubeを見て初めて大笑いしたのがすしらーめん《りく》で、それから大ファンとなり毎日のようにすしらーめん《りく》のチャンネルを見ているのだという。そのすしらーめん《りく》がスタジオに現れると「本当に?」としばらく信じられない様子だったが、やがて彼の考えた実験に挑戦することになる。

体に両面テープをぐるぐる巻きにして壁に向かってジャンプすると、くっついてスパイダーマンのような気分を味わえるというものだ。

すしらーめん《りく》、本田紗来、堀内健(ネプチューン)が3人で挑戦すると「すしさん」はもちろんのこと、紗来も見事に成功。ホリケンはお決まりのドタバタで大盛り上がりとなる。思わぬサプライズに大喜びの妹を見て姉の望結も満足気であった。

放送後には、すしらーめん《りく》がTwitterで「温かい目でしゃべくり007を見て頂いた皆様ありがとうございました!」とツイートしている。

彼は「そして紗来ちゃん全国大会優勝おめでとうございます!!」(原文ママ)「こんなにも楽しんで貰えた事、すしらーめんの宝物です。また動画頑張ります!」とつぶやいており、自らも貴重な経験となったようだ。

また、オンエアで自分の姿を見て「こんなにも緊張した形のまま壁に張り付いて身動きが取れなくなっていたとは…笑」というから、やはりテレビとYouTube動画では勝手が違ったのだろう。

フォロワーからは「すしさん面白かったですww お疲れ様でした!!」「安定でしたね テレビ出演おめでと いけちぃならぬいけすしでしたよ笑」「りくくんめちゃめちゃ面白かったよー!! あのね、さらちゃん全国大会優勝じゃなくて、国際大会優勝だよ!!!」などの反響があった。

なかでも彼が壁に張り付いた本田紗来を落ちないように片腕で補助する場面に、「さらちゃん落ちんように押さえてるのかっこよすぎない?」「本当にここ見た瞬間 心臓跳ねましたよね」「まじでりくに惚れた」といったコメントが多数寄せられている。

画像は『本田望結 2019年4月8日付Instagram「今日「しゃべくり007」さんに紗来と出演させていただきます」』『SUSHI RAMEN【Riku】 2019年3月23日付Instagram「作品名:「愛想な微笑み in爆裂」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)