モルディブの国際空港の滑走路でカメが産卵 絶滅危惧種指定のアオウミガメ

記事まとめ

  • モルディブの首都から約150キロ北に位置するヌーヌ環礁の国際空港で、亀が産卵した
  • このカメは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定されているアオウミガメだった
  • ネット上では「心が痛い。こんな開発をして何の意味があるんだ」といった声があがった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております