ファーストサマーウイカ“名前の由来”に納得、BiS加入で本名から今の芸名が誕生

ファーストサマーウイカ“名前の由来”に納得、BiS加入で本名から今の芸名が誕生

ファーストサマーウイカ“名前の由来”に納得、BiS加入で本名から今の芸名が誕生の画像


「ファーストサマーウイカ」という名前の響きはハーフのようにも思えるが、今回の『今夜くらべてみました』出演で「コテコテの関西人」であることが証明された。

大阪府出身の彼女は2009年、20歳頃にオーディションを受けて関西の「劇団レトルト内閣」に入り、その年の10月には『哀願ソワレ 〜ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票〜』で舞台デビューする。その時は本名の「初夏」を名乗っていた。

やがて2013年5月26日、アイドルグループBiSに加入すると本名の「初夏(ういか)」から芸名を「ファーストサマーウイカ」とした。つまり本名を英語と日本語読みで並べることにより、一度聞いたら「脳内再生」を繰り返してしまうようなインパクトある名前が誕生したのだ。

BiSが2014年7月8日に解散、同年公開された初主演映画『月震のかずみ』では「初夏」名義となっている。その後、2015年に元BiSのヒラノノゾミやオーディションによるメンバーと結成した音楽グループBILLIE IDLE(ビリーアイドル)や舞台、映画など参加作品では「ファーストサマーウイカ」として活動している。

ちなみにBiS時代はホットパンツや水着姿も披露していたファーストサマーウイカだが、BILLIE IDLEはコンセプトを「NOT IDOL」テーマは「ネオ80’s」と打ち出している関係か、最近はパンツルックやロングスカートが多い。

それでも自身のインスタで昨年2月4日に「レースが本当に可愛かった」と珍しくミニスカートのドレスを着れば、さらに9月9日は膝上ミニのセーラー服姿を公開しており、フォロワーも美脚に魅了されていた。

画像は『ファーストサマーウイカ 2018年2月4日付Instagram「レースが本当に可愛かった。。。」、2019年4月11日付Instagram「明日は名古屋近鉄パッセで(1)16:00〜/(2)18:30〜 インストアイベント2回やります〜」、2018年9月9日付Instagram「ノーコメント」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)