ウエストランド井口、高熱と喉の痛みで入院していた「睡眠不足と猛暑の中のロケが続き…」

ウエストランド井口、高熱と喉の痛みで入院していた「睡眠不足と猛暑の中のロケが続き…」

ウエストランド井口、高熱と喉の痛みで入院していた「睡眠不足と猛暑の中のロケが続き…」の画像

『M-1グランプリ2022』チャンピオンのウエストランド・井口浩之(40)が7月31日、体調を崩して仕事を休んでいたものの「復活した」とYouTubeで報告した。実は入院していたが、現在はすっかり元気になったという。


『M-1』優勝直後から仕事依頼が殺到し、2023年上半期のテレビ出演が164本(ニホンモニター調べ)と前年の29本から大幅に増えたウエストランド。加えて井口浩之はピンでのテレビ出演も多く過密スケジュールが続いているが、相方の河本太(39)は7月に8連休があったりするなど、2人の仕事量には大きな差があるようだ。

『M-1』で優勝した翌年は仕事が激増するため、体調管理が最も重要になってくる。2019年に優勝した30代のコンビ・ミルクボーイは、当時のスケジュール帳を見ても半分も思い出せないほど「とにかく忙しかった」とラジオ番組で話しており、睡眠時間を確保するのが大変だったことだけは覚えているという。2021年に優勝した錦鯉は、長谷川雅紀が史上最年長(当時50歳)だったため、仕事を詰め込みすぎて過労で倒れないようマネージャーがスケジュール調整に気を遣っていたらしい。しかし昨年11月に錦鯉とテレビ収録が一緒だった佐久間宣行プロデューサーによると、彼らは「M-1の新しい人たち(チャンピオン)が出るまで、“あとちょっと頑張ったら休める”という空気を存分に漂わせ、力尽きる寸前だった」とラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で気の毒がっていた。そんなボロボロの状態になっていた錦鯉からバトンを渡されたのが、ウエストランドなのである。

7月31日公開のYouTube『ウエストランド井口チャンネル』で、「ご心配ご迷惑おかけしました! 今日から復活です!!」と活動再開を報告した井口。7月26日に発熱し、病院に行ったもののなかなか熱が下がらず、仕事を休むことになったそうだ。ただ独身でひとり暮らしの彼を心配した所属事務所・タイタンの太田光代社長の配慮で、自宅療養ではなく入院することになったらしい。高熱に加え喉の痛みが酷く、声が出なくなったのも辛かったという。

思い返すと7月22日はお昼に打ち合わせとライブ出演、夜は『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)の生放送、翌23日は高知県で営業があり、その日のうちに東京に戻って深夜にテレビ番組の収録とまる2日間寝ていなかったのだ。しかもこの週は猛暑の中でロケがあり、体調を崩したのは「疲労と暑さが原因だったのではないか」と井口は推測している。そして今年はこの入院が久しぶりの休みだったと明かしたうえで、井口は「ガッツリ元気になったので、このまま年末に向けて突っ走りたい」と意気込みを見せていた。コメント欄には「本当に心配でした。お忙しいと思いますが、どうか無理なさらずにいて下さい」「井口さんの活躍が本当に楽しみなので、どうかお身体を大切に」「忙しすぎて、オーバーワークでしたね。相方に、頑張ってもらいましょー」など、安堵と励ましの声が数多く寄せられている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)