ヘンリー王子&メーガン妃の挙式直前に脅迫メール 「英王室メンバーは一人残らず死ぬだろう」

ヘンリー王子&メーガン妃の挙式直前に脅迫メール 「英王室メンバーは一人残らず死ぬだろう」

ヘンリー王子&メーガン妃の挙式直前に脅迫メール 「英王室メンバーは一人残らず死ぬだろう」の画像


昨年5月19日、およそ10万人の観衆が見守るなかウィンザーにて盛大なロイヤルウェディングを行ったヘンリー王子&メーガン妃。警備にかかった費用はおよそ44億円とも伝えられていたが、挙式の12日前にエリザベス女王の次男アンドルー王子のオフィス並びに英国内閣府、国防省宛に不審なメールが送りつけられていたことが分かった。

メールの送信者はモハメド・ジブラ−イール・サレー(Mohammad Jibra-Eel Saleh)という37歳の男で、メールはエリザベス女王の夫エディンバラ公フィリップ王配に向けて書かれたものだと伝えられている。レスター刑事裁判所で行われた審問内容によれば、男は地元マクドナルドから2つの携帯電話を使い、Gmailのアドレス経由で以下のようなメールを3通送りつけていたという。

「愚かな英王室メンバーどもよ。俺はスペイン元国王フアン・カルロスの非嫡子マルガリータと結婚したイスラムのプリンスだ。」

「俺を逮捕しオランダの刑務所で拷問を受けさせた罰として、英王室メンバーは一人残らず死ぬだろう。」

「俺達は戦争状態にある。お前の孫の挙式は爆破されることになるだろう。」

英陸軍兵士としてアフガニスタン駐留の経験があるヘンリー王子は、イスラム過激派より“ターゲット”とみなされていることで知られるが、事態を深刻に受け止めた警察は、挙式2日前にこの男の身柄を確保したそうだ。男は精神障害を患っているため法廷に姿を現わすことはなかったが、先月には脅迫罪などで有罪を宣告されている。

第1子の誕生を間近に控えたヘンリー王子とメーガン妃は今月11日、「病院玄関口の“ベビーお披露目”はしない」意向をバッキンガム宮殿より発表したばかりだが、その決断に至った背後には「プライベートを死守したい」という夫妻の願いとともに、このようなセキュリティ面での懸念も大きな要因であることは間違いないであろう。

画像は『Kensington Palace 2018年5月19日付Instagram「How are you celebrating the #RoyalWedding?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)