サルマ・ハエックの夫、仏ノートルダム大聖堂再建に126億円の寄付発表

サルマ・ハエックの夫、仏ノートルダム大聖堂再建に126億円の寄付発表

サルマ・ハエックの夫、仏ノートルダム大聖堂再建に126億円の寄付発表の画像


エッフェル塔と並び、仏パリのアイコニックな建物として知られる観光名所ノートルダム大聖堂で現地時間15日、大規模な火災が発生した。400人の消防隊員による10時間(一部報道では15時間とも)にわたる消火活動を経て、翌16日午前に鎮火が伝えられたが、850年の歴史を誇るパリの象徴的建物に火の手が回り、瞬く間に尖塔が崩落していく光景はSNSで広く拡散され、世界中が悲しみに打ちひしがれている。

火災の原因究明が行われるなか、専門家は同建物の再建について「10年以上はかかるだろう」と見ているようだ。しかしマクロン仏大統領は「5年以内の再建」を宣言、企業家らからの大規模な寄付により、火災発生から24時間ですでに6億7000万ドル(約750億円)ほどが集まっている。

ハリウッドで活躍する女優サルマ・ハエック(52)の夫で仏出身のフランソワ=アンリ・ピノー氏(Fran?ois-Henri Pinault)も、再建に向けて多額の寄付を表明した1人である。「GUCCI」「Balenciaga」などを傘下に保有する大手ファッション企業「KERING(ケリング)」の会長兼CEOを務めるピノー氏は現地時間15日に声明を発表し、「ノートルダム大聖堂再建のため、1億ユーロ(約126億円)の寄付を行う」と明かしている。

サルマ自身もInstagramに炎上するノートルダム大聖堂の写真をアップし、

「美しいノートルダム大聖堂が煙に包まれる光景を目にし、多くの皆さんと同じように私も深いショックと悲しみに包まれています。パリの街を愛しています」

と言葉を添えた。

サルマ・ハエックとフランソワ=アンリ・ピノー氏は2009年2月、火災現場からほど近いパリ6区のシティホールにて結婚、市内には邸宅も所有している。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)