花田美恵子、ハワイ生活10年に感慨 「やっと生きがいを見つけることができました」

花田美恵子、ハワイ生活10年に感慨 「やっと生きがいを見つけることができました」

花田美恵子、ハワイ生活10年に感慨 「やっと生きがいを見つけることができました」の画像


中学生の頃に読者モデルとしてファッション雑誌『Olive』に登場した花田美恵子さん(旧姓:栗尾美恵子)は、同世代のオリーブ少女から圧倒的な支持を得た。その後は『Olive』初の専属モデル、大学生になってからは『an・an』などの誌面を飾っていたが、芸能界には興味を示さず卒業後は日本航空に入社、客室乗務員として働く。そんな彼女が再び脚光を浴びたのは1994年、大相撲第66代横綱・若乃花(花田虎上)の婚約者として登場した会見の場であった。当時大関・若乃花の印象を「熊のぬいぐるみ」と表現し、世間からバッシングを浴びるなど時の人になったのだ。その後結婚し4人の子をもうけたが2007年に離婚、彼女はシングルマザーとなりハワイへ移住した。

20日の『花田美恵子 hanadamieko Instagram』では、ハワイに住んで10年になったこと、そして自分が壊れそうになった時にいつも心の支えになっていたのは「両親と4人の子ども達、そしてハワイの優しい空気でした」と明かしている。ハワイでヨガに出会い、昨年12月には13歳年下の会社経営者の男性と再婚した花田美恵子さんは「大げさかも知れないけど、50歳にしてやっと生きがいを見つけることができました」と感慨深げだ。

2015年11月にヨガのインストラクター資格を取得、現在はワイキキのホテルとアラモアナのプライベートスタジオでレッスンを行っているという。5月30日には著書『パーツやせ!ハッピー・ハワイヨガDVD付き』(講談社)が日本で発売される。

インスタグラムには「ずっと昔からファンで更新も本当に嬉しいです」「美恵子さんが幸せになってくれてうれしー」「可愛さが宇宙一」「出版おめでとう。予約します、楽しみ」など、“栗尾美恵子”時代からのファンもメッセージを寄せている。

画像は『Mieko Hanada 2019年4月20日付Instagram「ハワイに住んで10年経ちました。」(Photo by @kumahawaii)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)