ダイヤモンドを飲み込んだ容疑者 無事排出も警察「非常につらい作業だった」(南ア)

ダイヤモンドを飲み込んだ容疑者 無事排出も警察「非常につらい作業だった」(南ア)

ダイヤモンドを飲み込んだ容疑者 無事排出も警察「非常につらい作業だった」(南ア)の画像


南アフリカ警察特別組織(Hawks)が、ケープタウンから50キロほど離れたストランド(Strand)にてダイヤモンドの違法ディーラーをおとり捜査の末に逮捕した。逮捕されたのはハムクワヤ・エリアキム(Hamukwaya Eliakim)、58歳のナミビア人の男だった。しかしこの男、逮捕される寸前に近づいてきた警察官を見るなり、所持していたダイヤモンドを飲み込んだのだ。

証拠品のダイヤモンドは裁判をする上で重要な物証となる。Hawksのフィラニ・ンクワァセ(Philani Nkwalase)指揮官は、男をすぐに病院へ搬送しスキャン検査を受けさせたところ、ダイヤモンドは腹部にあることが分かった。そこで男を監視下に置き、トイレに行くときも同行した。「非常に厄介なつらい作業であった」と指揮官を嘆かせた特殊作業の末、3カラットのダイヤモンドは男の体内から排出、無事に押収したという。

ンクワァセ指揮官は、エリアキム容疑者の保釈の有無に関しては明言しなかったが、容疑者が海外に逃亡する恐れがあるとコメント。今後、組織犯罪調査班の指揮下でさらなる捜査が行われることになる。

画像は『News24 2019年4月17日付「Man swallows diamonds during Hawks raid, held in hospital until he pooped them out」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)