アデル「夫との破局発表」にファンが歓喜 その理由は…

アデルが夫との破局を発表 “失恋ソングの女王”に新しい失恋ソングを期待する声も

記事まとめ

  • “失恋ソングの女王”アデルが現地時間の19日、代理人を通じて夫との破局を発表した
  • アデルは16年にサイモン・コネッキさんと結婚、12年10月に愛息アンジェロ君を出産
  • SNS上では「女王アデルの新しい傷心ソングが出るぞ!」と不謹慎ながら期待の声も

アデル「夫との破局発表」にファンが歓喜 その理由は…

アデル「夫との破局発表」にファンが歓喜 その理由は…

アデル「夫との破局発表」にファンが歓喜 その理由は…の画像


パワフルな歌声で世界中のファンを魅了する英出身の歌姫アデル。若干30歳ながら多くの失恋ソングを世に送り出し、数々の賞を総ナメにしてきた。

2011年にリリースしたアルバム『21』に収録されている『Someone Like You』で結婚した元恋人の幸せを願いつつも未練たっぷりの切ない女心を歌い、『Rolling in the Deep』では別れた恋人への復讐に燃える激しい歌詞が共感を集めた。2015年リリースのアルバム3作目『25』からシングルカットされた『Hello』は、昔傷つけてしまった相手に何度も電話をかけるも出てもらえず、後悔する気持ちを綴り人気を呼んだ。

そんな“失恋ソングの女王”アデルが現地時間19日、代理人を通じて夫との破局を発表した。5年間の交際を経て2016年にサイモン・コネッキさん(Simon Konecki)と結婚したアデルは、2012年10月に愛息アンジェロ君を出産している。これまでプライベートについて多くを語ることはなかったが、2017年のグラミー賞受賞スピーチの壇上でサイモンさんを「夫」と呼び、大きな話題を集めた。

なお『AP通信社』に届いた声明によれば、アデルとサイモンさんは結婚生活解消後も協力し合いながらアンジェロ君を育てていくということだ。

自身の体験に基づいた数々の名曲で「失恋ソングを歌わせたら右に出る者はいない」と言わしめるまでに至ったアデル、このたびの破局発表にはファンも心を痛めているが、中には「結婚生活をリアルに歌った失恋ソングが今後リリースされるのではないか?」と不謹慎ながら期待する声も少なくない。

現在SNS上には、

「ずっと次の失恋ソングを待ってたんだ」

「アデルが夫と破局だって? 次回のアルバムはこれまで以上の傑作になりそうだね!」

「やったぁ! 女王アデルの新しい傷心ソングが出るぞ!」

「究極の“薄幸アルバム”が来年あたり出そうな予感だね」

といったツイートが多数見受けられる。

夫とは残念な結末を迎えてしまったアデルだが、SNS上では新アルバムへの期待がかなり高まっているもよう。これはアデルが再びキャリア面で大きな飛躍を遂げる前兆と言えるかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)