バナナマン×東京03『handmade works 2019』を観劇した大島麻衣 「抱腹絶倒とはまさにこのこと!」

バナナマン×東京03『handmade works 2019』を観劇した大島麻衣 「抱腹絶倒とはまさにこのこと!」

バナナマン×東京03『handmade works 2019』を観劇した大島麻衣 「抱腹絶倒とはまさにこのこと!」の画像


AKB48の第1期生として活躍した大島麻衣(31)、AKB48第2期生を経てSDN48メンバーになった野呂佳代(35)、乃木坂46に第1期生として加入した永島聖羅(24)という、今ではグループを卒業してタレントや女優として活躍する3人がhandmade worksの楽屋を訪れた。

大島がインスタにバナナマンや東京03と並ぶ楽屋ショットとともに、「もう抱腹絶倒とはまさにこのこと!! と、いうくらい笑わせていただき、お腹痛かったです」「何から何までかっこよく、面白とかっこいいの共存でした観れて幸せだったなー」と投稿している。

野呂は「生で見るのは初めてのhandmade works 2019」と振り返り、「感動です! 本当!! 私的には、あのコントが見れて本当嬉しかったし大満足でして 本当、素晴らしいライブでした!!」という。

永島はオフィシャルブログで「本当に面白くて、あっという間の2時間でした。声出して何回笑ったことか」と明かし、「バナナマンさん、挨拶行ったときも優しかったです おにいちゃーん」と乃木坂46時代の共演を懐かしんだ。

また「東京03さんもお仕事はしたこと無いんですけど、バラエティはもちろんコントもドラマも面白くて…とにかく幸せな2時間でした」と改めて実感、「芸人さんって素敵、尊敬、すごい! がんばるぞーわたしも」とモチベーションを上げていた。

永島のブログには、読者から「色々な舞台観てるんだね♪ コントは良いね♪ しかもバナナマンさん出演とは! お兄ちゃんの絆も感じられ、読んでてこちらも嬉しくなりました」、「心底笑えるのは充実している証! 笑いがお仕事に繋がるよう祈ってるねー」などのコメントが寄せられている。

画像は『Mai Oshima 2019年4月21日付Instagram「バナナマンさんと東京03さんのHANDMADE WORKS 2019を観に行かせていただきました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)