ヘンリー王子&メーガン妃、第1子に“アーチー・ハリソン”と命名!

ヘンリー王子&メーガン妃、第1子に“アーチー・ハリソン”と命名!

ヘンリー王子&メーガン妃、第1子に“アーチー・ハリソン”と命名!の画像


ヘンリー王子夫妻は2019年5月6日午前5時26分に誕生した3260gの男児に、「アーチー・ハリソン・マウントバッテン-ウィンザー(Archie Harrison Mountbatten-Windsor)」と名付けたことを公式Instagramアカウントを通じて正式に発表した。

Instagramで公開された写真には、笑顔で我が子を抱くメーガン妃と赤ちゃんを見つめるエリザベス女王、フィリップ王配、メーガン妃の母ドリアさん、ヘンリー王子が写っている。8番目のひ孫誕生に思わず優しい微笑みがこぼれるエリザベス女王の表情が印象的だ。

「サセックス公爵」として知られるヘンリー王子は、スコットランドでは「Earl of Dumbarton」(ダンバートン伯爵)の名で親しまれている。そのためこのたび誕生した男児にもEarl(伯爵)またはLord(卿)といった称号が与えられるのではないか? ―と伝えられていたが、夫妻は男児に対する一般敬称であるMasterを選択、今後は「Master Archie Harrison Mountbatten-Windsor」となる。

ちなみにファーストネーム「アーチー」は「誠実」「勇敢」を意味するドイツ系の名前、ミドルネームの「ハリソン」は“son of Harry”(ハリーの息子)という意味を持つ。

誕生前の賭けでは、「アレクサンダー」「アーサー」「スペンサー」「ジェームス」「フィリップ」「チャールズ」などが有力候補だと伝えられていたが、夫妻はこれらの名前を選ぶことはなかった。意表をついた命名には世界中から驚きの声があがっている。

なお“アーチー・ハリソン”君の王位継承順位は、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子、ヘンリー王子に次いで第7番目となる。

画像は『The Royal Family 2019年5月8日付Twitter「The Queen and The Duke of Edinburgh were introduced to the newborn son of The Duke & Duchess of Sussex at Windsor Castle.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)