洗濯を通した“母親の愛情”と“娘の成長”にじんわり 18歳までの「6500日」を動画で描く

洗濯を通した“母親の愛情”と“娘の成長”にじんわり 18歳までの「6500日」を動画で描く

洗濯を通した“母親の愛情”と“娘の成長”にじんわり 18歳までの「6500日」を動画で描くの画像


花王ニュービーズが5月9日に公開したスペシャルムービー『最愛の6500日』。この動画は、ある母と娘の“6500日間”を描き出しているが、6500日という日数は娘が誕生してから18歳になり独り立ちするまでの「母親と暮らした日数」を指している。

一見なんの変哲もなく常日頃、洗濯をしている母親だが、実は娘の成長とともに洗う物がどんどん変わってくる。それをシンガーソングライター・さとうもかが書き下ろした楽曲にのせて、日数とともに紹介していく。

赤ちゃんを抱っこした母親がまず「はじめての日。よだれかけを洗った」とウサギのよだれかけを手にして語る。「31日目 ちっちゃな靴下を洗った」。大人の靴下の隣に干してある小さなピンクのボーダーの靴下が可愛らしい。

まだ2歳に満たない「650日目 なかよしのぬいぐるみを洗った」とウサギのぬいぐるみを干す母親。「1035日目 スモッグを洗った」「1500日目 お遊戯会の衣装を洗った」。幼稚園でお遊戯をするほど成長してきた娘。そして「1770日目 入学式の制服を洗った」「1950日目 自分で名前を書いた上履きを洗った」と娘は小学校に入学する。ときには「2233日目 あ、テスト発見」とポケットから採点済みのテスト用紙を見つけたり、「3520日目 風邪で寝込んだ日のパジャマ」と体調を崩すこともあった。

やがて娘は中学に入り「4650日目 部活のユニフォーム」と背番号6のタンクトップでスポーツに励むようになり、「5250日目 お父さんのと一緒に洗わないで!という ブラウスを洗った」と思春期に入って父親を少し避けるように。「5480日目 ん、ラブレター?」とポケットからラブレターを発見。父親は娘の成長をどのように感じているのだろうか。

流行のおしゃれをするようになり、文化祭など高校生活を謳歌し、バイトも経験。受験後には「6489日目 明日で最後の制服を洗った」と無事に高校を卒業した娘。春から一人暮らしをすることになった娘が6500日目に母親にかけた言葉とは? そして今度は自分で洗濯することになった娘の1日目は?

洗濯を通して、母親の有難さや優しさ、愛情深さがじんわりと伝わってくる動画だが、今回動画を公開するにあたり、全国の一人暮らしをしている20〜30代男女250名と一人暮らしの子どもを持つ母親250名を対象に「母の日に関する調査」が実施された。その結果、一人暮らしをする若者のうち、母の日に母親への感謝をきちんと伝えている人は、半数以下と少ない傾向が明らかに。「(何かする予定が)ある」(48.0%)と回答した人に、具体的に何をするのかを聞くと、「お菓子をプレゼントする」(37.5%)、「花をプレゼントする」(33.3%)など、多くの子どもが贈り物をするという。

一方で、母親たちが、母の日に子どもにしてほしいこと1位は「メール・電話をもらう」(39.6%)、2位「実家で一緒に過ごす」(23.2%)と、子どもに対して「母の日に特別なことは要らない」と感じていることが判明した。母親の我が子への無償の愛を感じずにはいられない。

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)