「お腹の子は6匹」と言われたロットワイラー犬、続々と16匹誕生(英)

「お腹の子は6匹」と言われたロットワイラー犬、続々と16匹誕生(英)

「お腹の子は6匹」と言われたロットワイラー犬、続々と16匹誕生(英)の画像


英陸軍「デューク・オブ・ランカスターズ連隊」の一員であるマークさん(32)とローラ・マーシャルさん夫妻の愛犬“ロキシー”の出産が始まったのは、3月12日の朝5時45分頃だった。

犬の出産に立ち会うのは初めてだったというマークさんは、出産が始まる直前のロキシーについて「明け方、ごそごそ音がしたので階下に行ってみると、ロキシーがソファーの後ろに隠れていました。とりあえずロキシーをベッドに寝かせて、私も2階の寝室に戻ったのです」と語っている。

しかしこの時、すでにロキシーの陣痛は始まっていたのであろう。鳴き続けるロキシーの様子を見に再び階下に戻ったマークさんは、産まれたばかりの赤ちゃんが床に横たわっているのを見て驚いた。

「ロキシーのすぐそばに1匹、そしてキッチンにも1匹いるのを確認しました。それから30分で次の4匹、そして12時までに13匹が産まれたのです。」

「もうこれで終わりだろうと思ってその場を離れたのですが、その後さらに『3匹が産まれたよ』と叫ぶ声を聞いてびっくりしました。超音波検査で6匹だと言われていたのに、10匹もロキシーのお腹のどこかに隠れていたわけですから、それはもうショックでしたよ。でも嬉しいサプライズになりました。」

実はマーシャルさん夫妻には12歳、7歳、2歳、9か月の4人の子供がおり、ロキシーの出産から1か月後に家族がもう一人増えたそうだ。4LDKの家に住んでいるとはいえ、16匹の犬の赤ちゃんと5人の子供を抱え「本当に大変な2か月でした」と明かす夫妻だが、ロキシーの赤ちゃんは1匹を除いてもうすぐ売りに出す予定とのことだ。1匹に650ポンド(約93,000円)から750ポンド(約107,000円)の値段がつくそうで、夫妻の苦労も報われるというものだろう。

ちなみにイギリス国内では、2009年7月に4歳のロットワイラー犬が18匹を出産している。また2017年10月には2歳のロットワイラー犬が15匹を出産しており、イギリスで2番目の多産記録と話題になっていた。

画像は『Metro 2019年5月6日付「Rottweiler gives birth to 16 puppies when she was only supposed to have 6」(Picture: LeeMcLean SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)