SMAP『オレンジ』は名曲 TVディレクターが「『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは意外と少ない」

SMAP『オレンジ』は名曲 TVディレクターが「『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは意外と少ない」

SMAP『オレンジ』は名曲 TVディレクターが「『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは意外と少ない」の画像


いーやま。ディレクターは4月30日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)で行われた新元号「令和」へのカウントダウンライブで「祝『#吾郎剛慎吾のプリほしい』トレンド世界1位」と表示された画面を見ながら「いえ〜い」とツイートしていた。

また、番組が終ってから「ご視聴ありがとうございました! 令和も楽しく前向きに!」と呼びかけたところ、視聴者より「令和も幾久しく #ななにー が続きますように。世界の片隅でもこの番組が続きますように。全力で応援します」、「いーやま。さんななにー楽しかったです! ありがとうございました。またいつかつよぽんとユースケさんと番組もよろしくお願いします」といったコメントが寄せられている。

その盛り上がりから数日経った5月10日に「やっぱ名曲だ。オレンジ」とつぶやいたのは、『ななにー』のなごりだろうか。

フォロワーからは「名曲ですが、自ら聴くことができません。かなりつらいです」、「つらくてちょっと聞けないのです」、「5人が歌うからこそ名曲」という声も届いた。

さらにいーやま。ディレクターは「売れたアイドルは多いけど。『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは、意外と少ない気がする」と投稿して、「やっぱ、あのユニゾン聴きたい…。そう思わせる事がまたスゴイ…。あ〜聴きたい。という独り言」とつぶやいている。

それには「その独り言 心の中で毎日言ってます」、「私も聴きたいなぁ 5人が40代の内に…50になる前に…と言う独りごと」と反響があり、「私もそう思います。色々ありますが、音楽性を、たくさん語られたアイドルグループもいないと、思います。特に、ユニゾンについて」、「本当にあのユニゾンは奇跡ですね! 令和はbeautiful harmonyの時代なんだからまた聴けると信じてます」という声も見受けられた。

5月7日に放送されたNHK総合『うたコン』ではデーモン閣下、氷川きよし、山内惠介、石丸幹二、福田こうへいの5人でSMAPの『ありがとう』を歌い話題になった。

この日のテーマは「令和だョ!名曲リフレッシュ祭」で母の日が近いことから『ありがとう』を披露したものだが、「歌い継がれる名曲」となってしまうのは寂しいようでもある。

画像は『香取慎吾 2019年5月1日付Instagram「#令和 最初の #ななにー」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)