ロシア旅客機炎上事故で証言続々 機内後方は黒煙を吸い窒息か<動画あり>

ロシア旅客機炎上事故で証言続々 機内後方は黒煙を吸い窒息か<動画あり>

ロシア旅客機炎上事故で証言続々 機内後方は黒煙を吸い窒息か<動画あり>の画像


今月5日に起こったロシア旅客機炎上事故だが、多くの死者が出た事故原因として挙げられているのは以下の通りだ。

●事故機のパイロットが悪天候にもかかわらず離陸し、燃料を消費せずに着陸を試みた。
●滑走路に着地した際に激しい衝撃を受けたことにより重い機体が損傷を受け、エンジンが炎上した。滑走路には3度衝突している。着陸時のスピード、角度などパイロットの技量にも問題があったのではないか?
●パイロットは着陸後にエンジンを停止しなかった。またパイロットがコックピットの窓を開けたことも火の回りを加速させた。
●着陸前に消防隊への緊急要請がなかったことから、消防車は待機していなかった。そのため到着が遅れた。
●棚の上の荷物を取って脱出した人によって通路がブロックされ、避難が遅れた。

捜査当局による調査が進むなか、1492便に搭乗していた人々が『Радио Свобода』のインタビューに応じ、事故当時の様子を明かしている。

■ピーター・エゴロフさん(Peter Egorov:乗客)
「機体はまるでバッタのように弾んだ。恐怖で失神しそうになった。」

■タチアナ・カサトキナさん(Kasatkina:客室乗務員/CA)
「あっという間に黒い煙が充満した。火があがると乗客は席から立ちあがり出口に向かった。まだ飛行機は動いている状態だったが、(緊急脱出スライド近くにいた)私のそばを通り過ぎた人たちは床を這いながら避難していた。乗客の襟元を掴み、救助できる乗客全員を出口へ導いた。」

■オレグ・モルチャノフさん(Oleg Molchanov:12列に座っていた乗客)
「雷が落ちたが着陸まではスムーズで、飛行中は火はあがっていなかった。火があがるまでは私の席の前の乗客全員がシートベルトをして座っていた。飛行機の天井に頭をぶつけたとか、そんなことはなかった。」
「機体はまるでプラスティックのカップのように燃えた。飛行機が止まる前に窓が溶けだした。最初の衝撃で悲鳴があがり、その後衝撃のたびに叫び声が大きくなった。CA(客室乗務員)は避難誘導していたのだろうが、何も聞こえなかった。」
「私は左翼のすぐ近くに座っていて火も近かった。でも助かったのはただ幸運としか言いようがない。後方の緊急脱出スライドが降ろされることはなかった。」
「逃げる時は後ろから誰かに押されたりすることはなかった。女性が倒れ通路をブロックしていたが、すぐに助けられて前に進むことができた。私が脱出した最後の1人だったと思う。」
「出口付近ではすでに歩ける状態ではなく這って移動した。意識を失いそうになった。」
「私の後ろの列の人たちは、黒煙を吸いその場で窒息、焼けてしまったのだと思う。もう何も見えず、呼吸をすることが困難だった。」
「18列の乗客は飛行機が止まる前に前方に移動していて助かった。」
「着陸の際の最初の衝撃から飛行機が完全に止まるまでは1分くらいだったと思う。その時には消防車も到着していたので、対応は早かったはず。ただ、あの状況では誰も助けられなかっただろう。」
「SNSでは鞄を棚から出していて避難が遅れたという声もあるが、私が座っていた場所ではそんなことはなかった。ただビジネスクラスの乗客に関してはわからない。」

■匿名希望(乗客)
「“緊急時の脱出には荷物を持たないこと”というルールがあるのにもかかわらず、緊急脱出シューターでバッグをスライドさせてから滑り降りる人がいた。これが避難を遅らせた。通路には列ができていたが、何人かは救えたのではないか。名指しで非難するつもりはないが裁きを受けるべき。」

■ドミトリー・フレブーシキーさん(Dmitry Khlebushki:10列Cに座っていた乗客)
「CAには感謝している。機内は暗く熱かった。煙が充満する中、CAがスライドを降りるのを助けてくれた。」

このドミトリーさんだが、航空会社のスタッフに航空運賃の払い戻しを要求し「40分かけて交渉したのにお金は戻ってこなかった。なんて薄情なんだ。プロとしての自覚がない」と憤慨していたことが分かっている。SNSではこの乗客がバックパックを持っていたことから「太り過ぎのこの男が通路をブロックした」と写真付きで名前を公表し批判するサイトも現れた。

“緊急時には90秒以内に全員を脱出させる”という基準が設けられているが、1492便の脱出にかかった時間は55秒。着陸後18分で火は消し止められている。また時間内に避難を終えたものの、41人は機内で亡くなってしまった。元パイロットのアレクサンダー・ロマノフさんはパイロットの技量不足、危機管理の甘さを指摘している。

なお事故機のスホイ・スーパージェット100型機の運航は継続されることが発表されており、一方で今も捜査当局は事故原因を明らかにしていない。しかしこのような悲劇が二度と起こらないように、しっかりとした原因究明や対応策を期待したい。

Warning :- shocking footage from inside the Russian airplane that caught fire and crash landed – 41 people now confirmed dead pic.twitter.com/yATAZ94kg6

— Ashraf Garda (@AshrafGarda) 2019年5月5日

画像は『Радио Свобода 2019年5月7日付「“Сзади меня уже никто не выходил”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)