生きたタコを食べようとした女性、吸盤で逆襲される(中国)<動画あり>

生きたタコを食べようとした女性、吸盤で逆襲される(中国)<動画あり>

生きたタコを食べようとした女性、吸盤で逆襲される(中国)<動画あり>の画像


中国のSNSで話題となっているのは“seaside girl Little Seven”で知られる女性ブロガーで、生きたタコを食べようと足にかぶりついたところ、タコに逆襲されてしまったのだ。

動画では、女性の顔の左側にタコの吸盤がピタリと貼り付き、女性はそれを必死に剥がそうと引っ張るものの、タコはなかなか離れようとしない。その顔は痛々しく変形し、女性は子供のように泣き叫んでいる。この闘いは約30秒にも及んだが、ようやくタコに解放された女性の頬は皮膚が裂けて血がにじんでいた。

タコの1本の足にはおよそ200個の吸盤がついていると言われており、8本の足では約1600個の吸盤になる。それが顔に吸い付いたら引き離すのが大変なのは当然であろう。

この動画には、「タコに敬意を払え。食べ物で遊んではいけないということを思い知っただろう」「愚かな女。タコに軍配があがったな」「目には目を歯には歯をってやつだろ。タコを食べようとするから、タコに食べられるんだよ」「なんでも食べるんだな」「かわいそうなタコ」「このあと、この女性はタコを食べたのだろうか」といったコメントが寄せられている。

女性は江蘇省連雲港市在住で、約2週間前にアカウントを開設したばかりだった。「SNSで有名になりたい」と“タコの踊り食い”に挑戦したようだが、とんだ醜態をさらしてしまったようだ。

ちなみに中国では2016年に、絶滅危惧の鳥を捕獲、調理した男が中国最大のSNS「ウェイボー」で大炎上し逮捕されている。常識外れな行動に対するSNSの反応は、驚くほど早いのだ。

画像は『Business Insider Singapore 2019年5月8日付「An octopus sucked onto a vlogger’s face and ripped her skin when she tried to eat it live on camera」(Seaside Girl Little Seven / Kuaishou)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)