工藤静香、2年ぶりのサーフィンで「もうサーファーとは言えない、チョイファーな私」

工藤静香、2年ぶりのサーフィンで「もうサーファーとは言えない、チョイファーな私」

工藤静香、2年ぶりのサーフィンで「もうサーファーとは言えない、チョイファーな私」の画像


6月13日に東京・たましんRISURUホール(立川市市民会館)から『Acoustic Live Tour 2019 POP?IN 私とピアノ〜Deep Breath〜』がスタートする工藤静香。連日行われているライブリハーサルの様子の一部が『Kudo_shizuka kudo_shizuka Instagram』に公開されており、「しーちゃん、忙しい中ありがとうございます」「嬉しくて嬉しくて涙が止まらない」と歓喜の声が寄せられていた。

11日のインスタグラムによると、工藤はサーフィンを楽しみリフレッシュしたようだが、友人らから「2年ぶりだね!」と言われて驚いたという。「もうサーファーとは言えないな、チョイファーな私」と自虐的である。それでも今回何より嬉しかったのは「いつ行っても、何年振りでも、何一つ変わらずにいてくれる」サーフィン仲間の存在だ。短い時間だったが、「本当に気持ちが良かった」と友人らに感謝の言葉も綴っている。

コメント欄には、「しーちゃん、絵になる! カッコいい」「忙しくてもリフレッシュは大事だよね!!」「サーフィンするお姿見てみたいです〜」「歌手として忙しい中、主婦業完璧にこなして、絵も描いて、サーフィンや釣りもやって…しーちゃんってやっぱり凄い」「旦那様も一緒ですか??」といった声や、工藤静香の抜群のスタイルが称賛されている。

画像は『Kudo_shizuka 2019年5月11日付Instagram「久しぶりのサーフィン」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)