袴田吉彦が袴田吉彦をイジり倒す「ポイントカードと呼ばれたり…」 トレンド入りの大反響「ギャグドラマなの?」

袴田吉彦が袴田吉彦をイジり倒す「ポイントカードと呼ばれたり…」 トレンド入りの大反響「ギャグドラマなの?」

袴田吉彦が袴田吉彦をイジり倒す「ポイントカードと呼ばれたり…」 トレンド入りの大反響「ギャグドラマなの?」の画像


ドラマでは「交換殺人ゲーム」がミステリーの軸となっている。このゲームで、あるマンションの住民会に参加した住人が「死んでほしい人」の名前を紙に書き、その紙を参加者がランダムに一枚ずつ引くことに。第4話までに名前を書かれた人々が次々に死んでいくという展開だ。

次々に人が亡くなるのはこのゲームと関係があるのか? 該当者の紙を引いた住人が殺したのか? ゲームに参加した住人たちが疑心暗鬼になり不安な日々を過ごすなか、「死んでほしい人」として「302号室の人」と書かれた紙があることを知り、愕然とする新婚の菜奈(原田知世)。302号室は菜奈と夫の翔太(田中圭)が住んでいる部屋なのだ。

自分たち夫婦が「交換殺人ゲーム」の標的となり、不安な様子の菜奈に、マンション内の廊下で近づいてきたのが、同じくゲームに参加した久住譲(袴田吉彦)だった。久住は菜奈に「すみません、ちょっと聞きたいことがあって…」と切り出す。菜奈が「何ですか?」と聞くと、久住は「俳優の袴田吉彦って知ってます?」と直球で問いかけたのだ。「袴田吉彦…あの袴田?」と返す菜奈に、久住は「この袴田吉彦です」と袴田吉彦の熱愛報道が掲載されている週刊誌を見せる。菜奈は袴田の曲を口ずさみ、「20年前の曲ですよ。よく知ってますね」と久住を感心させるのだ。

さらに久住は「よく似ているって言われるんですよ」「悪口として言われるんですよ。深酒してシメでラーメン食べた次の日の朝の袴田吉彦とか」「最近ではポイントカードと呼ばれたり」とまさかの自虐ネタを繰り出し、「袴田死ねばいいと思って書いたんですよ」となんと紙に「袴田吉彦」と書いたことを告白した。

一方で袴田吉彦演じる俳優の袴田吉彦は、山の中で時代劇のロケ中だったが、撮影現場から少し離れたところで用を足しているところを3人組に襲われ、撲殺されてしまうという衝撃の結末に。

緊迫したシーンが続くなか、袴田吉彦が袴田吉彦をディスるというまさかの連続に、ドラマ放送後には「袴田吉彦」がツイッターのトレンド入り。ツイッターでは、「袴田吉彦イジられすぎwww」「袴田吉彦が袴田吉彦と言ったぞ」「よく袴田さんも原田さんも吹かずに芝居出来るなあw」などの感想や、「すごい展開のあとに袴田吉彦ネタ… 笑うとこなの?」「怖いんだか 面白いんだか」「ホラードラマかと思ってたんだけど、ギャグドラマなのかな?」と混乱する視聴者も。「立ちション中に殺された袴田吉彦さんが気の毒でならないw」と同情する声もあったが、「袴田吉彦」が大注目を集めた回だったことは間違いないだろう。

画像は『【公式】あなたの番です 2019年3月13日付Instagram「101号室 久住譲役・袴田吉彦さんクランクイン」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)