指原莉乃『しゃべくり007』でアイドル卒業後の方向性を示唆 イコラブ齊藤なぎさ登場に「見つかった…か」

指原莉乃『しゃべくり007』でアイドル卒業後の方向性を示唆 イコラブ齊藤なぎさ登場に「見つかった…か」

指原莉乃『しゃべくり007』でアイドル卒業後の方向性を示唆 イコラブ齊藤なぎさ登場に「見つかった…か」の画像


恋愛解禁の話題で「好きなタイプ」を聞かれるなどトークが盛り上がるなか、「指原プロデューサーが絶賛 ダイヤの原石総選挙007」と題して彼女がプロデューサー目線で選んだ2人を紹介した。

1人は「地球を愛しすぎる慶応ボーイ」の篠原祐太さんである。「食は作業ではない、冒険だ」と謳う彼が作ったラーメンを出されると、レギュラー陣は「美味しい」「食べやすい」「エビの香り」「煮干しとか魚介類も感じる」などと堪能していた。ところが「こちらコオロギラーメンになります」と明かされ驚くというオチだ。

そんな篠原さんは地球が大好きで昆虫食や自然の魅力を発信する慶応卒の25歳で、ラーメン凪と共同開発したコオロギラーメンが人気となり注目を集めている。

指原莉乃は「虫を食べることを真剣に研究していて、頭もよくてすごく哲学的で私は大ファンなんです」、「こうだから美味しい、こうだからまずいと、ちゃんと研究して説明できるのがすごい」と絶賛しており、「頑張ってほしい応援したい人です」と激励した。

2人目に「今いる人類で一番カワイイ女」と紹介されて登場したのは、指原がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)のメンバー・齊藤なぎさ(15歳)だった。

司会の上田晋也から「一番素敵だと思うアイドルは誰?」と聞かれ、齊藤が「卒業しちゃったんですけど山本彩さん…でも指原莉乃さんも憧れです」と答えたところ、上田に「いいよ!付け足して言わなくても!」と突っ込まれ指原を大ウケさせた。

指原が一番アピールしたい齊藤なぎさの魅力は「ファンの人に対して“好き”という気持ちをしっかり伝える」ところだという。そこで握手会を再現してみると、有田哲平や徳井義実がメロメロにされてしまう。

実は指原が自身のTwitterで、5月10日に「イコラブについてのお話」と題して「現段階ではグループ全体で出演するよりも、その場にあうメンバーを選んだ方がアピール出来るし、機会があれば1人ずつ企画にあったメンバーをプレゼンしていく」との趣旨を投稿しており、今回は齊藤なぎさが選ばれたわけである。

オンエア後に指原が「見つかった…か。(いい顔でツイート)」とつぶやいたところ、フォロワーから「これは見つかったよね!」、「見つかるようにした、ともいうw」、「指Pあっぱれ なーたんも可愛すぎたけど私は莉乃ちゃんが可愛すぎて泣いた」などの反響があった。

指原莉乃はアイドルを卒業してからの方向性について「歌はやらないと思う」と話しており、バラエティやワイドショーでタレントとしてやっていくのだろう。

そしてプロデューサーでの手腕も発揮していくことになるが、今回は「地球を愛しすぎる慶応ボーイ」を見つけてきただけに、アイドルに限らず“タレント”を育てていくのかもしれない。ソロとなってさらに活躍の場を広げてくれそうで楽しみだ。

画像は『齊藤なぎさ 2019年5月13日付Twitter「しゃべくり007に出させていただきました…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)