ウィリアム王子一家、キャサリン妃デザインの庭園へ ファミリー写真でルイ王子に注目集まる

ウィリアム王子一家、キャサリン妃デザインの庭園へ ファミリー写真でルイ王子に注目集まる

ウィリアム王子一家、キャサリン妃デザインの庭園へ ファミリー写真でルイ王子に注目集まるの画像


ロンドンの「ロイヤル・ホスピタル・チェルシー」にて今月21日〜25日に開催される「チェルシー・フラワー・ショー」で、英王室キャサリン妃がデザインを手がけた“バック・トゥ・ネイチャー”ガーデンがお目見えする。こちらは王立園芸協会(Royal Horticultural Society)やガーデンデザイナーらとともに森林地帯をイメージして作られたもので、ツリーハウスやブランコなど子供達がワクワクする仕掛けが随所に施されている。「幼少期に自然とふれあい健やかな心の発育を促進することが、幸せで健康な大人への基盤となる」と考える、子供の目線に立ったキャサリン妃らしい遊びごころ溢れるデザインだ。

現地時間19日にはそんな渾身の作であるガーデンを、夫ウィリアム王子や3人の子供達に楽しんでもらおうと“バック・トゥ・ネイチャー”ガーデンを家族で訪れたキャサリン妃。そのもようを収めた複数の写真がこのたび夫妻の公式SNSに公開され、素足で駆け回るジョージ王子やシャーロット王女、また元気に歩くルイ王子の姿など貴重なショットの数々に人々は歓喜の声をあげている。

ジョージ王子とシャーロット王女が小川に架かった木の橋の上に隣り合って座るショットや、ルイ王子がブランコに乗るショットなどからはのびのびと自然を満喫している姿が伝わって来る。これらの写真には80万件以上の「いいね!」がついているが、なかでも100万件以上の「いいね!」を獲得したのは、ヨチヨチ歩きのルイ王子のショットであった。兄ジョージ王子のお下がりのショートパンツをはき、左手には自慢げに枝をかかげ悪戯っぽい表情を浮かべるルイ王子、それを後ろから見守るウィリアム王子もすっかり優しいパパの顔をしている。こちらの写真には、

「ルイ王子はこれからますますわんぱくになりそう!」
「ロイヤルキッズのなかでもダントツに可愛い」
「これからが楽しみ」

といったコメントが寄せられている。

SNSに公開された動画には、岩の上をつたいながら素足で小川へ入るジョージ王子や、そんな兄を追うシャーロット王女、姉と父に手を引かれながら歩くルイ王子などが映っている。キャサリン妃のデザインしたガーデンについて、ウィリアム王子がブランコにのるジョージ王子に「10点満点だったら何点をあげる?」とたずねる場面では、ジョージ王子が「20点!」と答え、キャサリン妃も息子の答えに「何て素晴らしいの!」と優しく微笑む場面がある。

これらの動画にも、

「幸せファミリーの象徴」
「未来の国王一家なのに、飾らず自然体なのがいい!」
「これをダイアナ妃が見ることができないのが切ない…」

などと数多くのコメントが見受けられた。

可愛いロイヤルキッズと好感度バツグンの夫妻のInstagramアカウント「@kensingtonroyal」は現在896万人のフォロワーを抱える人気ぶりだが、900万人に達するのも時間の問題であろう。

画像は『Kensington Palace 2019年5月19日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge are very pleased to share some new photographs of their family as they visited the RHS Back to Nature Garden at the #ChelseaFlowerShow on Sunday afternoon.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)