西田尚美『白い巨塔』ナース役で使用したIDカード公開 「今でも覚えています」の声

西田尚美『白い巨塔』ナース役で使用したIDカード公開 「今でも覚えています」の声

西田尚美『白い巨塔』ナース役で使用したIDカード公開 「今でも覚えています」の声の画像


西田尚美は「今回のmarbleは顔がテーマ、ということですが…2003年の白い巨塔の時の私。こんな顔だったようです。持道具さんから記念にいただいたID」とツイートしており、『西田尚美「気まぐれ自由帖」』が連載されているWEBマガジン『marble No.40』のテーマにならって投稿したようだ。

唐沢寿明が主人公の国立浪速大学医学部附属病院第一外科助教授(後に第一外科教授)財前五郎役を務めるフジテレビ開局45周年記念ドラマ『白い巨塔』は、2003年10月から2004年3月まで全21回放送された。そのなかで、第一外科主任看護師からやがて近畿労共病院看護師になる亀山君子役を演じたのが西田尚美である。

彼女が当時のIDカードを投稿したところ、フォロワーから「今でも覚えています このドラマで 女優 西田尚美 氏を認識しました」、「誰だこの可愛い美しい人看護師さん役の人は…と思ったのをよーく覚えてます」、「今も昔も変わらず美人です、素敵です」などの反響があった。

「このドラマで大好きになり 以降ずっと綺麗なままな西田さんのファンです」、「ナースの証言が出てきた時に、西田敏行さんが『このおかめちゃんは何なの?』的な事言った場面が忘れられません」、「柳原くんのお友だちでしたね。クライマックスの裁判では重要な証言をするキーパーソンだったような…」と内容まで覚えている人も多い。

岡田准一が財前五郎役を務める今回の『白い巨塔』では、柳原雅博(原作では柳原弘)役を満島真之介、亀山君子役を美村里江(旧芸名ミムラ)が演じており、こちらにも注目したい。

画像は『西田尚美 2019年5月24日付Twitter「今回のmarbleは顔がテーマ、ということですが…2003年の白い巨塔の時の私。」』『『白い巨塔』【公式】アカウント 2019年3月21日付Instagram「#白い巨塔 キャラクター紹介」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)