ふなっしー『WFPチャリティーエッセイコンテスト2019』で特別審査員、昨年に続き大役担う

ふなっしー『WFPチャリティーエッセイコンテスト2019』で特別審査員、昨年に続き大役担う

ふなっしー『WFPチャリティーエッセイコンテスト2019』で特別審査員、昨年に続き大役担うの画像


2004年から始まった同コンテストは、生きるのに欠かせない「食」について考え、食べることすらままならない子どもたちにも想いを巡らせてもらう機会になればと取り組みを続けて16年目になる。

世界で8億人超が飢えに苦しむ中、国連WFPは毎年、途上国の子どもたち約2000万人に学校給食を提供している。給食は子どもの登校を促し、勉強への意欲を高め、将来希望する職業に就く可能性を拓く大切なものであり、およそ30円で子どもに1日分の給食を届けることができる。

昨年のテーマは「おなか空いた、なに食べよ!」で、今年は「私のとっておきごはん」がテーマだ。『WFPチャリティーエッセイコンテスト2019』公式サイトでは、「家族や友人を応援したり、自ら目標に向かう時など『ここぞ!』という場面で食べるごはん、新しいスタートや転機など人生の節目での忘れられない食事などの印象に残るごはんの体験を教えてください」「そして世界の4人に1人の子どもが慢性的栄養不良となっている現実に目を向けていただきたい」と呼びかけている。「私のとっておきごはん」のエッセイに応募すると、応募1作品につき給食4日分(120円)が寄付協力企業の協力により国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられるという。

今回のコンテストでは、審査委員長を音楽評論家・作詞家で国連WFP協会顧問の湯川れい子、審査員会審査員は国連WFP協会理事や顧問、事務局長など5名が務める。さらに2019年特別審査員としてふなっしー、女優の広瀬アリス、女優で国連WFP協会親善大使の竹下景子を迎える。

湯川れい子が6月12日、自身のTwitterで「拡散希望!! 今年も、饑餓に苦しむ世界の子供達を一人でも減らすために、国連WFP協会が行うエッセイコンテストのお知らせが出ました。皆様からのご応募を、心から期待しています」と呼びかけた。

すると「ふなっしーも審査するんですね」と反響があり、彼女が「はい。ふなっしーさんも来て下さいます」と応じたところ、他のフォロワーから「湯川れい子先生、是非ともふなっしーとの、共演見たいです」とコメントが寄せられている。

ふなっしーが特別審査員を務めることでコンテストへの注目度も上がっているようだ。応募が増えるとともに多くの人に「世界の4人に1人の子どもが慢性的栄養不良となっている現実」を知ってもらえることを期待したい。

『WFPチャリティーエッセイコンテスト2019「私のとっておきごはん」〜あなたのエッセイが途上国の給食に〜』の募集期間は、7月1日〜9月6日必着とのことだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)