千鳥・大悟 “泥酔による遅刻”でヒロミや石橋貴明を待たせたことも

千鳥・大悟 “泥酔による遅刻”でヒロミや石橋貴明を待たせたことも

千鳥・大悟 “泥酔による遅刻”でヒロミや石橋貴明を待たせたこともの画像


12日深夜の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)に生出演した千鳥の2人。トークが弾むなか、ノブが「大悟は飲んで失敗とかちょいちょいあるんですよ」と彼の泥酔トラブルについて触れた。翌日の仕事を顧みず酒を飲んでしまう大悟は、遅刻が多いという。

それゆえ芸能界の大先輩にも迷惑をかけたそうで、かつてヒロミと初共演を果たした際は集合場所に現れず「なんだよ、この時間」と場の雰囲気が悪くなってしまった。時間通りに着いていたノブは「すみません、今、相方が…」と頭を下げるしかなかったそうだ。

普通であれば怒鳴られても仕方がない状況だが、遅れてやって来た大悟はマフラーにニット帽、ダウンジャケットにズボンをはかないという謎のファッションだった。「真冬にズボンはかずにパンツだけで来た」という斬新なスタイルに、思わずヒロミも爆笑。事なきを得ただけでなく、逆に「面白れぇな」と気に入ってもらえたのだ。

そんな大悟は、昨年初共演を果たしたとんねるず・石橋貴明との収録にも遅刻。これにはスタッフから「お前、5年前だったら死んどったぞ」と言われたそうだが、実は石橋と大悟は収録の1週間前に別番組がきっかけで飲みに行っており、酒癖や遅刻癖は既に伝わっていた。そのため石橋から「またお前飲んでたんだろ」とツッコまれただけで、トラブルには至らなかったという。

最悪の事態をすんでのところで回避し「奇跡なんですよ、本当」と語った大悟。一方で相方をひたすら待っていたノブの心労は相当なものだったようで、「奇跡とか美談で言ってますけど、待っとる俺を考えろ」とツッコミを入れる一幕も。数々の不祥事がありながらも周囲に愛される大悟はその人柄も魅力なのだろうが、相方の必死のフォローがあることも忘れてはならないようだ。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)