『いだてん』最近の展開に佐久間宣行プロデューサー「どんどんすげードラマになってる」

『いだてん』最近の展開に佐久間宣行プロデューサー「どんどんすげードラマになってる」

『いだてん』最近の展開に佐久間宣行プロデューサー「どんどんすげードラマになってる」の画像


彼が「ここ最近のいだてん、楽しくて面白いのに毎話最後に泣けてくるんだよな」というのは、中村勘九郎演じる金栗四三がアントワープオリンピックを終えてからの展開だろう。

アントワープオリンピックで誓いの金メダルを獲れず、失意のなかベルリンを放浪していた四三は、現地の女性たちがやり投げや短距離走など陸上競技を楽しむ姿を目の当たりにする。帰国した彼は「日本も女性のスポーツを広めるべき」と主張して東京府立第二高等女学校の教師になり、村田富江(黒島結菜)をはじめ女学生たちにスポーツを薦めるが、当初は反発されてしまう。

しかし、四三の熱意に動かされた彼女たちはスポーツの面白さに目覚め、特に富江は才能を開花させて活躍する。だが、女子スポーツ大会のハードル走競技で靴下を脱いで生足を見せて走ったことが問題視され、父親・村田大作(板尾創路)に猛反対される。

その大作に対して、四三は「女子が足ば出して、なんが悪かね!」「それより先に日本記録を出した娘をなんで褒めてやらない!」と熱く訴えた。しかし、大作が呼びかけて集まった署名が校長に届き、四三は退職を迫られる。

ところが今度は富江たちが教室にバリケードを張って立てこもり、「不当解雇反対」「なぜ金栗先生が辞めねばならないの!」「なぜ女は足を見せて走ってはダメなの!」「女らしさを決めたのは男、だったら男らしさも女が決めるべき」などと訴えた。

金栗四三の活動に絡めて大正時代の女性たちが権利を主張する姿にまで踏み込む『いだてん』を、佐久間宣行プロデューサーは「どんどんすげードラマになってると思う」と評したのではないか。

彼のツイートには、フォロワーから「私も毎週の展開が楽しくて見ています。凄いドラマだと思います〜」、「本当に泣けるドラマです。もっと広まれって思うし、日本で最初のオリンピック選手達が、どれだけ時代と戦ってきたか見てほしいです」、「加地さんじゃないけど、これが視聴率悪いって日本国民バカじゃないのって思います」や「序盤で脱落したの失敗だったか…」、「落語パートとのヘンテコな絡み合いがなければ、もっと万人に受け入れてもらえたのに。総集編は、マラソンパートと落語パートを分けていただきたいです」など様々な声が寄せられている。

6月16日放送の『いだてん』第23回「大地」では、教室に立てこもる富江たちに四三がある提案をもちかける。一方、関東大震災が発生して大きな被害があり、世間の情勢の変化は四三の活動にどう影響するのか。

さらに23日放送の第24回「種まく人」で金栗四三が主人公とした第1部がラストを迎え、30日放送の第25回「時代は変わる」からは東京五輪招致に奮闘した政治記者・田畑政治(阿部サダヲ)を主人公とする第2部が始まるだけに、これからどのような展開を見せるのか注目したい。

画像は『板尾創路 2019年3月20日付Twitter「NHK大河ドラマいだてん 昨夜オールアップしました」』『佐久間宣行 2019年6月2日付Twitter「久保みねヒャダこじらせライブとても楽しかったです。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)