テイラー・スウィフトの新MVに米フィギュア元代表アダム・リッポンが登場

テイラー・スウィフトの新MVに米フィギュア元代表アダム・リッポンが登場

テイラー・スウィフトの新MVに米フィギュア元代表アダム・リッポンが登場の画像


昨年11月に選手生活からの引退を表明した平昌五輪米国代表のアダム・リッポン。五輪開催中から注目を集め、今もテレビや雑誌に登場、さらに執筆など幅広い活動を続けている。

アダムは現役中に同性愛者であることを公表した初の冬季五輪米国代表選手として注目を浴びたが、現在もアワード授賞式やチャリティーイベントに積極的に足を運び、機会を見つけては同性愛者のコミュニティをサポートする活動に尽力している。

このたびテイラーが発表した『You Need to Calm Down』は、そんなLGBTコミュニティをサポートするメッセージ性の強い楽曲だ。8月に発売されるアルバム『Lover』より2曲目のシングルカットとなった同曲は、ネット上で誹謗中傷を繰り返したり、相手への理解に欠けた差別的発言をすることにエネルギーを注ぐネガティブな人々に向け「落ち着こうよ」「もっとポジティブな目線で物事を見るべき」と呼びかけている。

MVには、ケイティ・ペリーやライアン・レイノルズといった大物セレブが出演しているほか、大物司会者のエレン・デジェネレス、シンガーのアダム・ランバート、第91回アカデミー賞授賞式や第73回トニー賞授賞式に奇想天外なドレスで現れ話題をさらった俳優ビリー・ポーターら同性愛者であることを公言しているセレブが集結したが、テイラーは同性愛者のコミュニティへのサポート活動に意欲的に取り組むアダムにもMV出演のオファーをしたようだ。錚々たるセレブ達が出演する『You Need to Calm Down』MVに、アダムはバストトップが透けて見えるクロップドトップスでスノーコーン(米版カキ氷)をサーブする役で登場した。

アダムはMVロケ中に撮影した集合ショットを自身のSNSに公開し、

「このビデオに出演するみんなにたくさんの愛を。胸がいっぱい、たくさんの愛情に包まれています」

と綴っている。

引退発表時にはTwitterで「今は移動の多い毎日で、四六時中働いている感じだけど、人生の新たなチャプターの1秒1秒を心から楽しんでいるんだ。かけがえのない貴重な機会を与えてもらえた自分は、本当にラッキーだと思っているよ」とツイートしていたアダムだが、このたびのMV出演には

「テイラーとの共演おめでとう!」
「アダムらしさが出てて最高!」

とファンも大喜びの様子だ。

活動場所が氷上から離れた今も、自分らしさを失わず充実した日々を過ごすアダムをファンはこれまでと変わらず温かく見守っているようだ。

画像は『Adam Rippon 2019年6月17日付Instagram「So much love for all these people and everyone in this music video.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)