東京五輪チケット約380万円分に“全落ち”した松田丈志氏 「メダリストでも一般人と同じ抽選?」と驚きの声

東京五輪チケット約380万円分に“全落ち”した松田丈志氏 「メダリストでも一般人と同じ抽選?」と驚きの声

東京五輪チケット約380万円分に“全落ち”した松田丈志氏 「メダリストでも一般人と同じ抽選?」と驚きの声の画像


21日放送の日本テレビ系『スッキリ』では、松田丈志氏が東京オリンピックチケットの抽選結果を公式販売サイトで確認するところを密着取材した。「家族や親に(良い席で)オリンピックを見せたい」と11種類29枚、合計約380万円分のチケットを申し込んでいた。全枚数当選ならば、もちろん全額払う覚悟だったという。

松田氏が申し込んだのは、彼が専門としている200mバタフライ決勝や4×100m男子メドレーリレー決勝など競泳6種類、陸上は男子100m決勝など2種類、男子バスケットボール決勝、そして開会式と閉会式のチケットである。「三分の一ぐらいは当たって欲しい」と願っていたが、確認できたのは1時間半後のこと。「おい!」「え?」「マジ?」と体を仰け反らせる松田氏の姿が映し出された。結果は全て“落選”だったのである。

この結果に、ツイッター上では「松田さんチケット380万円分申し込んで全て落選とか、もう訳わからん」「メダリストでも、一般人と同じ抽選なの?」「オリンピックメダリストでもチケット全落と聞いた主人が、穏やかな顔をして出社した」などと様々な感想が飛び交っていた。

画像は『Takeshi Matsuda 2016年10月7日付Instagram「銀座パレードまもなくスタートです!」、2019年5月1日付Instagram「令和最初の仕事はスッキリ でした。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)