横澤夏子の“夫からの余計な一言”に視聴者賛否「確かに気になるかも…」

横澤夏子の“夫からの余計な一言”に視聴者賛否「確かに気になるかも…」

横澤夏子の“夫からの余計な一言”に視聴者賛否「確かに気になるかも…」の画像


独身の頃から結婚願望が人一倍強く、婚活パーティーに積極的に参加。そこで知り合った一般男性と2017年7月の自身の誕生日に入籍した横澤夏子。もうすぐ結婚丸2年を迎えるが、横澤が挙げた「夫からの余計な一言」は「このチャーハンはうまいな」。横澤はこのフレーズの中の一文字「は」に引っかかりを覚え、他にもおかずは並んでいるのにチャーハン以外は美味しくないという意味なのか気になったのだ。さらに今日のチャーハンは美味しいが、これまで作ったチャーハンはまずかったのかとも考え、「歴代のチャーハンはどうなるわけ?」と訴えた。

これに共演のカンニング竹山は「(“は”には特に)意味ないんだよね」と見解を述べ、庄司智春(品川庄司)も「褒めているんだよ」と腑に落ちない様子だ。番組中に視聴者にアンケートをとった結果、「気になる」が63%、「気にならない」が37%となり、横澤は「やったー」と自分に同調する視聴者が多いことに喜んだ。

横澤の夫の一言「このチャーハンはうまいな」が、別の料理や過去のチャーハンと比較しての言葉だったのかは本人のみぞ知るところ。ネット上では「確かに言われたら気になるかも笑」「じゃあ今出してる食事が美味しくないととれるよ」「うまぁ! だけでいいのにね」「このチャーハンは“特に”うまいな、ならOKなんだけど、一言あるとないとじゃ、意味合いが全然変わる」など横澤と同意見や、「チャーハンは、全く気にならない! うまいって言われたことが嬉しいけどな?」「『チャーハンは』くらいじゃ怒んないな」と気にならないという声や、「普段から感じ悪い態度を取る旦那だったら『ほかは不味いと言いたいのか』って思いそう」と夫のキャラクターによると考える視聴者も見受けられた。

横澤は昨年11月29日に出席したイベントで、夫が結婚後に10kgも体重が増えたことを告白している。横澤の手料理が美味しくて食べ過ぎた「幸せ太り」ではなく、実は横澤が持ち帰るロケ弁を夫がせっせと食べていたことが原因だった。夫は食生活を見直して5kgほど減量したが、今月14日のインスタグラムでは横澤自身が挙式から9kg体重が増加したことを明かしている。挙式は昨年1月だったので約1年半で9kg増量したことになる。原因は特に書かれていなかったが、横澤の手料理が原因なのか。料理の腕前は実のところどうなのか気になるところだ。

画像2枚目は『横澤夏子オフィシャルダイアリー 2018年1月14日付「結婚式ー!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)