ヘンリー王子夫妻、ウィリアム王子夫妻との共同チャリティーから年内離脱へ

ヘンリー王子夫妻、ウィリアム王子夫妻との共同チャリティーから年内離脱へ

ヘンリー王子夫妻、ウィリアム王子夫妻との共同チャリティーから年内離脱への画像


かねてから兄弟間や義姉妹間での不仲が噂されてきたウィリアム王子・キャサリン妃夫妻とヘンリー王子・メーガン妃夫妻。今春にはヘンリー王子夫妻がケンジントン宮殿のオフィスから独立しバッキンガム宮殿に本拠を置いた新オフィスを設立、住まいもケンジントン宮殿からウィンザーのフロッグモア・コテージへと移し、いよいよ別体制での活動が始動していた。

そんななか現地時間20日にはケンジントン宮殿が、ヘンリー王子とメーガン妃が年内にも「英国王室基金」から離脱し新たなチャリティー組織を立ち上げる意向であることを発表した。「英国王室基金」は2009年の設立以来、ウィリアム王子とヘンリー王子が中心となって活動を行ってきたチャリティー組織で、のちにキャサリン妃、そしてメーガン妃が加わり「Heads Together」「United For Wildlife」といった様々な活動をサポートしてきた。

2018年2月にはヘンリー王子やウィリアム王子・キャサリン妃夫妻が「英国王室基金フォーラム(Royal Foundation Forum)」に出席し、同組織のプロジェクト内容や今後の展望などを語り合ったのだが、その席にまだ正式に王室入りしていなかったメーガン妃が参加したことで「すでにロイヤルメンバーの一員として認められている」と注目を集めた。ヘンリー王子も婚約者や兄夫婦と初のジョイント公務に、

「兄夫妻&メーガンとは、これでもう永遠に離れられなくなってしまいましたよ」

とジョーク交じりに語っていたものだ。そんな4人にとって“中核的組織”とも言える「英国王室基金」から、ヘンリー王子夫妻が年内にも離脱するのはなぜなのか?

現地時間19日にウィリアム王子とヘンリー王子がケンジントン宮殿にて揃って姿を見せ、理事らとミーティングを行い最終決断に至ったというが、声明にはその理由として

「このたびの組織改革は、両殿下の未来の役割を十分に考慮した上での決断であり、今後の両家のチャリティー活動をより明確に方向付けるためのものです」

と記されている。将来国王となるウィリアム王子は立場上、今後次男ヘンリー王子よりも活動の場が制約されていくことは明らかで、それを見据えたうえでの組織改革ということのようだ。今後「英国王室基金」はウィリアム王子夫妻の慈善活動の主軸という位置付けとなり、これまでの正式名称「The Royal Foundation of The Duke and Duchess of Cambridge and The Duke and Duchess of Sussex」から“サセックス公爵夫妻”の部分が消え「The Royal Foundation of The Duke and Duchess of Cambridge」になるという。そしてヘンリー王子夫妻は同基金から引き続きサポートを受けつつ、活動の場を新たなチャリティー組織へと徐々に意向させていくとのことだ。なお、心の健康問題に取り組む「Heads Together」など一部の活動は今後も続行予定だそうだ。

オフィスの分立や共同チャリティーからの離脱でますます不仲説が囁かれそうな4人だが、いずれ国王の座につくウィリアム王子と王位継承権6位のヘンリー王子が、互いに大きな転換期を迎えていることは確かなようだ。ヘンリー王子夫妻の新たなチャリティー組織設立にも、引き続き注目が集まっている。

画像は『Kensington Palace 2018年12月25日付Instagram「Merry Christmas!」(PA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)