ビヨンセとケリー・ローランドは肌の色で明暗分けた? ビヨンセ父、音楽業界の“差別”語る

ビヨンセとケリー・ローランドは肌の色で明暗分けた? ビヨンセ父、音楽業界の“差別”語る

ビヨンセとケリー・ローランドは肌の色で明暗分けた? ビヨンセ父、音楽業界の“差別”語るの画像


「デスティニーズ・チャイルド」のマネージャーで、現在はテキサス・サザン大学(Texas Southern University)で客員教授として教鞭をとっているビヨンセの父マシュー・ノウルズ氏が現地時間19日、ラジオ番組『The Clay Cane Show』に出演した。

マシュー氏は番組のなかで、音楽業界に根強く残る差別について言及、肌のトーンが明るめの黒人女性アーティストの方がより大きな成功を収めていることを指摘した。業界では未だに「美とはこうあるべき」というステレオタイプが横行しており、故ホイットニー・ヒューストンも肌色がより明るく見えるように写真には加工が施されていたことを明かした。

司会のクレイ・ケインが「ビヨンセの肌の色が濃かったら、彼女のキャリアはどう違っていたと思いますか?」と尋ねると、マシュー氏は

「彼女の成功に影響していただろうと思いますよ」

と答えている。そして「デスティニーズ・チャイルド」メンバーの中で一番肌の色の濃いケリー・ローランドを例にとり、彼女がオーストラリアでは400万枚以上のアルバムを売り上げたものの、米国では娘と同じレベルの成功を収めることができなかったことを指摘。両者の肌色の濃淡がキャリアの明暗を分けたと言わんばかりの発言が飛び出した。また肌のトーンが明るいことがキャリアの成功に繋がった女性アーティストとして、マライア・キャリー、アリシア・キーズ、リアーナ、ニッキー・ ミナージュらの名が挙がった。

マシュー氏は2017年に出版した自著『Racism From The Eyes Of A Child』のなかで、自身も実母から差別的な発言を聞きながら育ったこと、そのため白人女性に対して激しい欲情を抱くようになったこと、同年代には無意識にこのような感情を抱く黒人男性が多く存在することなどを明かしている。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)