“傘の横持ち”の危険から子供を救ったダンサー 注意喚起のツイートを「嘘つき!売名!」と罵られる

“傘の横持ち”の危険から子供を救ったダンサー 注意喚起のツイートを「嘘つき!売名!」と罵られる

“傘の横持ち”の危険から子供を救ったダンサー 注意喚起のツイートを「嘘つき!売名!」と罵られるの画像


毎年梅雨の季節になると情報番組やネットニュースで「傘の危険な持ち方」について取り上げられるものの、残念ながら未だにマナーの悪い人を街中で見かける。特に階段やエスカレーターでの傘の横持ちは、先端部が後ろにいる小さな子供の顔にぶつかり大ケガをさせる危険性があるのだ。

今回傘の横持ちをしていたサラリーマンについてツイートしたのは、帰国子女で舞台女優やダンサーとして活躍している逢阪えま。24日の『逢阪えま/Emma Osaka (emma_osaka)ツイッター』で「駅でサラリーマンが横持ちしてた傘の先端が子供の顔に当たりそうになって咄嗟に手を出しちゃった」、「『子供に当たる!』としか言えなかったけど、わかってくれたかな」と、無言で去って行ったという男性に訴えている。そして、自分の手の平に傘を遮った際にできた傷の写真を投稿。もしこの傘の先端部が子供の目に刺さっていたら―と思うと、背筋が寒くなる画像だ。このツイートの反響は大きく、4万5000件を超す“いいね”が付いている。

フォロワーからは「エマさん 素晴らしいです。子供にケガが無くて良かったです」「しかし、相手のサラリーマンは無言で去って行くのは酷いなぁ」「最近、傘の横持ちの人が増えたような気がします」「そういう人に限って傘を持つ手を大きく振り、普通に刺さりそうで怖い」と多数の意見が寄せられており、その中には謝罪もせず去っていった男性への非難も少なくない。すると逢阪は、別の投稿で「多分、サラリーマンは1日働いて疲れてて視点より下の子供は見えてなかった。変な女ぶつかってきて大きい声出されて理不尽だったよね」と記し、もう少し前に危ないと優しく声をかけていれば良かった―と男性への心遣いを見せた。

だがこの件に関する逢阪のツイートに「嘘つき! 売名!」と罵るコメントも届いているようだ。

「みんな、心配してくれてありがとう。反射で傘に私が当てにいったみたいな感じになってしまいました。次の舞台がお母さんと軍人役なので、役も入ってたかな。お子さんが無事で本当にほっとしてます。こんな人間ですが、舞台出てます。良かったら見に来てください。」(原文ママ)と逢阪がツイートすると、「嘘松被害ツイート」「これに引っかかる人がこんなに大量にいる事に驚き」というようにこの出来事自体が逢阪の舞台の宣伝だとするコメントが見受けられた。

とはいえファン含め、今回の出来事を知った圧倒的多くの人々は「勇気ある行動」と逢阪のとっさの対応に称賛の声を送っている。

逢阪も「こんなに拡散されると、褒められたり貶されたり色んな人がいることがわかるね」と反響の大きさ、そして賛否両論に戸惑いつつも「嘘つき! 売名!とか言われると反論したくなるけど、証明できないし納得しても私を応援してくれるわけではないから、ぐっと抑えてなんか辛いことあるのかなー、生きづらいのかなぁって思う。そういう人ほど舞台でも見て少しの間だけでも夢を見てほしいし、会って少しでも話を聞けたらいいのに。」(原文ママ)と反論したい気持ちをぐっと飲み込み、本業である舞台へ前向きな姿勢を見せている。

画像は『逢阪えま/Emma Osaka 2018年8月10日付Instagram「#uk #edfringe2018 #portrait」』『逢阪えま/Emma Osaka 2019年6月24日付Twitter「駅でサラリーマンが横持ちしてた傘の先端が子供の顔に当たりそうになって咄嗟に手を出しちゃった。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)