鞘師里保はBABYMETALの正規メンバーとなるか でか美が3人体制復活に期待

鞘師里保はBABYMETALの正規メンバーとなるか でか美が3人体制復活に期待

鞘師里保はBABYMETALの正規メンバーとなるか でか美が3人体制復活に期待の画像


2010年にさくら学院の派生ユニット「重音部」が始動、2011年2月1日にユニット名が「BABYMETAL」と発表され、同年7月23日に楽曲『イジメ、ダメ、ゼッタイ』を初披露する。当時から3人で活動していた彼女たちは、ボーカル&ダンス担当のSU-METAL(中元すず香)をセンターに、スクリーム&ダンス担当のMOAMETAL(菊地最愛)とYUIMETAL(水野由結)が両サイドを固めるフォーメーションが定着していた。

だが、2017年12月から体調不良により公演を欠席していたYUIMETALが2018年10月19日、公式にBABYMETALからの脱退を発表した。それ以降はSU-METALとMOAMETALの2人体制で活動を続け、ライブではサポートダンサーが加わっている。

そんななか、今回の横浜アリーナ初日公演ではオープニングでSU-METALとMOAMETALに続き3人のダンサーが現れ、そのうち1人がこの日のサポートダンサーを務める趣向で進み、それが鞘師里保ではないかと話題になったのだ。

鞘師里保はSU-METALと同じアクターズスクール広島に通っていた当時、同世代でライバル関係にあったと言われる。さらにモーニング娘。で活躍したスター性もあり、YUIMETALの存在感を補う新メンバーとしてふさわしい人材ではないか。

思えば、今年の3月30日に開催された『Hello! Project ひなフェス 2019 20th Anniversaryプレミアム』にて鞘師が約3年3か月ぶりにステージ復帰したのは、BABYMETALを視野に入れた布石だったのかもしれない。

タレントのぱいぱいでか美は、自身のTwitterで「鞘師がBABYMETALやばすぎるやろ鞘師は本当にすごいけど顔も中身も赤ちゃんすぎるからベビメタのベイビー要素がかなり強くなりますねぇ!!! 何言ってんだうおおおお…」と興奮気味にツイートしている。

さらに少し高まりが落ち着くと「私は鞘師里保さんのダンスはもちろんのこと、歌も唯一無二の痺れる魅力だと感じているので、なんかすべてがうまいこといってほしい……! (わがままですみませんが歌う場も見たいということ……!)」とつぶやいた。

BABYMETALは海外で大型フェスへの参加やツアーなど活躍を続けており、高く評価されている。ただ海外公演で、鞘師が登場する横浜アリーナのようなサプライズを仕掛けても誰だか分からず盛り上がらないかもしれない。

しかし正規メンバーとなれば、ミュージックビデオでの露出が増えることで鞘師のパフォーマンスは海外でも評判となるだろう。さらにでか美をはじめ指原莉乃や松岡茉優などモー娘。ファンで「鞘師推し」の芸能人は多く、BABYMETALの日本での人気にも影響するはずだ。

Twitter上でも「鞘師里保がBABY METALサポートメンバーとして出演だなんて激アツ」、「何だって!! 鞘師里保がBABY METALに! YUIちゃんやめたあたりから興味なくなってたけど正式に加入なんてなったら面白いな。りほメタル見たい!」、「Baby Metalのサポートって今の鞘師里保にとってこの上なく良いお仕事だと思う。頑張れ、りほりほ! 大きな舞台で、大勢の人の前で、思い切り踊って欲しい」といった声が見受けられる。

画像は『モーニング娘。’19 Q期 2019年3月30日付オフィシャルブログ「復活まじですかスカ?!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)