BABYMETAL『Glastonbury Festival』にも鞘師里保が登場 「RIHOMETAL」が加わり新章突入の予感

BABYMETAL『Glastonbury Festival』にも鞘師里保が登場 「RIHOMETAL」が加わり新章突入の予感

BABYMETAL『Glastonbury Festival』にも鞘師里保が登場 「RIHOMETAL」が加わり新章突入の予感の画像


横浜アリーナで6月28日に開催された『BABYMETAL AWAKENS ? THE SUN ALSO RISES -』の初日公演で元モーニング娘。の鞘師里保がサポートダンサーを務めてファンを驚かせた。この時はステージに3人のダンサーが現れ、そのなかから1人がサポートダンサーとして紹介される趣向だった。

また、29日に行われた2日目の公演ではさくら学院の藤平華乃がサポートダンサーを務めた。さくら学院と言えば部活「重音部」からBABYMETALが生まれたことで知られるアイドルグループだ。その現役メンバーである藤平はSU-METAL、MOAMETALの後輩になる。

その流れから次のサポートダンサーが注目されるなか、イギリスの音楽フェス『Glastonbury Festival 2019』で30日にステージを務めたBABYMETALのサポートダンサーに再び鞘師里保が登場してファンを歓喜させたのである。

3人はキツネのお面を被って登場すると、バックバンドの重厚なサウンドとともに正体を見せて『メギツネ』をパフォーマンス、さらに横アリ公演で披露した新曲『PA PA YA!!』や「シャンティシャンティ♪」と歌うインド風な雰囲気の新曲を織り交ぜながら『Elevator Girl』、『Distortion』、『ギミチョコ!!』、『KARATE』、『Road of Resistance』を披露した。

BABYMETALのサポートダンサーとして仕上げてきたとはいえ、鞘師里保のオリジナルメンバーシンクロする違和感がないダンスはさすがだ。

ただ、スクリーム&ダンス担当のMOAMETALはヘッドセット・マイクを付けているのに対して鞘師里保にはなかった。それはサポートダンサーに徹するということを示すため、あえて付けなかったのかもしれない。

ライブ映像を視聴した人々からは、鞘師里保について「鞘師さん、やっぱり継続して海外でもサポートしてるんですねw」、「りほりほは今後Riho-metalになって正式メンバーになるの?」「鞘師さん、いや…RIHOMETALさんありがとう!! 我々メイト勢は貴女をリスペクトしています」、「自分もRIHOMETALを完全リスペクトしてます!」などの反響があった。

SU-METALこと中元すず香と鞘師里保は広島県出身の同世代で、Perfumeで知られるアクターズスクール広島(ASH)に通っていた。ASH時代はライバル的な立場にあり「ダンスの鞘師、歌の中元」と言われた関係だ。

その2人が時を経て同じステージに立ち、鞘師里保は海外で活躍するボーカリストに成長した中元すず香を目の当たりにして刺激を受け、一方で中元も彼女のダンスに目を見張ったことだろう。

10月11日には3rdアルバム『METAL GALAXY』を世界同時リリースするBABYMETAL。それに伴いワールドツアー『METAL GALAXY WORLD TOUR』を9月4日のアメリカ・オーランド公演からスタート、2020年3月1日のロシア・モスクワ公演まで突っ走る。

11月16日・17日はさいたまスーパーアリーナ、11月20日・21日は大阪城ホールで行う予定で、それぞれサポートダンサーを誰が務めるか気になる。

もし鞘師里保がヘッドセット・マイクを付けて登場した時は、いよいよ正式メンバーになる日が近いのではないか。そうなれば「RIHOMETAL」を加えた3人体制でBABYMETALの新章突入といきたい。

画像は『BBC Radio 1 2019年7月1日付Twitter「Best bit of @BABYMETAL_JAPAN’s #Glastonbury2019 set?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)