エレベーター急上昇 1階から26階に衝突し1名死亡(南ア)

エレベーター急上昇 1階から26階に衝突し1名死亡(南ア)

エレベーター急上昇 1階から26階に衝突し1名死亡(南ア)の画像


事故が発生したのは6月23日、ヨハネスブルグにある26階建てビルで起こった。1階についた矢先にエレベーターのケーブルがいきなり切断、そのまま最上階までものすごい勢いで急上昇したのだ。当時、エレベーター内には40代女性と男性2人がいたという。

乗っていた男性の一人ズワレトゥ・マンバネさん(Zwelethu Mambane)は当時、食料品を買うために14階から1階へ向かった。エレベーターにはすでに女性が乗っていたそうだ。1階について降りようとした直後、エレベーターのドアが開いたまま突然急上昇し、最上階の26階にある天井に衝突してようやく停止した。マンバネさんはエレベーターのドアの隙間から自力で脱出したが、全身打撲のため病院に搬送された。マンバネさんによると、エレベーター内では女性が頭部から血を流して「死んでしまう」と繰り返し叫んでおり、体は動かせない状態だったそうだ。救急隊が駆けつけ、事故発生のおよそ1時間20分後に女性を救出しようとしたが、エレベーターは非常に不安定な状態で救助は難航し、残念ながら現場で息を引き取ってしまったという。一方でマンバネさんはすでに退院しているが、痛みで体を自由に動かせず今も仕事ができない状態とのことだ。

ビルの26階に2年前から部屋を借りていたビア・キャンプベル−クロエッテさん(Bea Campbell-Cloete)は『News24』のインタビューに応じ、事故直後の様子を語っている。当日は借りていた部屋を解約し、荷物を運び出す作業をしていたが、外から戻ってくるとビルの周りに救急車や消防車が止まっていたため事件かと思ったそうだ。キャンプベル−クロエッテさんは「このエレベーターは以前から問題だった。途中で止まったり、地下で動かなかったりすることが度々あったため、修理をしてほしいと以前から訴えていた」と明かしており、また6基あるエレベーターのうち3基しか作動していなかったそうだ。

ビルの所有者である「アフリカ住宅会社(Africa Housing Company)」によると、このエレベーターは今年2月にメンテナンス済みだったという。同社は法令に基づき定期点検を行っていたことを強調するとともに、第三者のコンサルタントを任命、労働省およびエレベーター会社と協力して事故の特定をすると発表した。

画像は『News24 2019年6月26日付「Joburg elevator crash: ‘I’m dying, I’m dying!’ – eyewitness recalls resident’s chilling cries」(Ntwaagae Seleka, News24)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)