『めざましどようび』の岡副麻希アナ、さらに日焼けして「暗闇と同化しませんか?」の声

『めざましどようび』の岡副麻希アナ、さらに日焼けして「暗闇と同化しませんか?」の声

『めざましどようび』の岡副麻希アナ、さらに日焼けして「暗闇と同化しませんか?」の声の画像


若い女性の間で小麦色の肌が流行していた60年〜80年代、2000年前後の10代女性中心としたガングロ・メイク人気を経て、近年は“美白ブーム”一色である。日焼け止めは必須、美白化粧品を愛用するのは大人の女性ばかりでなく、小学生にも広がっているという。日焼けを好んできた欧米でも近年、UVケア市場が拡大しているらしい。このような美白ブームをものともせず、真っ黒に日焼けをして情報番組に出演しているのが岡副麻希アナだ。

彼女が所属するセント・フォースの公式プロフィールを見ると、特技として「水泳(フィンスイミング日本選手権1500m優勝/遠泳)、水球」とある。ここまで日焼けをしていることから、今年も屋外で泳いでいるのだろうか。

7日の『岡副麻希 maki_okazoe_official Instagram』によると、七夕の思い出として「#幼稚園の頃はお空を飛べますように」と短冊に書いていたそうだ。笹飾りの横で、ポーズを取っている岡副アナの歯と靴の白さが際立っている。コメント欄には「どうしてそんなに黒いんですか?」「夜、暗闇と同化して見えないとか言われませんでしたか?」「いつもに増して黒い」「日焼け止め塗らないんですか?」と日焼けに関する質問が目立つ。

そんな岡副アナは早稲田大学時代から芸能事務所に所属し、読者モデルや『めざましテレビ アクア』(フジテレビ系)のお天気キャスターとして活躍。現在は『めざましどようび』でスポーツコーナーを担当している。これまでは情報番組への出演が多かったが、8日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP』(テレビ朝日系)に登場するなど今後はタレントとしての活躍が期待できそうだ。

画像は『岡副麻希 2019年7月7日付Instagram「今日は七夕ですね」、2019年7月10日付Instagram「とってもカラフル」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)