SNSで大人気のイケメン医師、機内乗客の命を救う(米)

SNSで大人気のイケメン医師、機内乗客の命を救う(米)

SNSで大人気のイケメン医師、機内乗客の命を救う(米)の画像


米ジョージア州アトランタ在住のマット・ファラコ(Matt Faraco、26)さんが、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港からイスラエルのベン・グリオン国際空港へ向かった時のこと。離陸して2時間ほど経った頃に重度のアナフィラキシーショックに陥ってしまった。

マットさんは特に何かを食べた訳でもなく、これまでアレルギー症状が出たことが無いにもかかわらず気分が悪くなり、手が腫れてきたため客室乗務員に体調不良を訴えた。機内では、すぐに医師が搭乗していないか確認した。

そこに乗り合わせていたのが、SNSで人気の“ドクター・マイク”の愛称で親しまれているミカイル・ヴァーシャフスキー医師(Dr. Mikhail Varshavski、29)だった。当時マットさんは気道がふさがり始め、呼吸ができなくなるという非常に危険な状態だった。ミカイル医師はマットさんの処置にあたったが、機内にはアナフィラキシー症状を緩和する緊急補助治療薬のエピペンが常備されていなかったという。

一刻を争う中、ミカイル医師は機内にあった二次救命処置用救急バッグの中にあるアドレナリンの量を調整してマットさんに投与した。これによりマットさんの気道は確保され、呼吸は落ち着きを取り戻した。後にマットさんはこう語っている。

「ドクター・マイクはエピペン代わりのもので処置して私を救ってくれました。その後も私のそばにいて、目的地に到着するまで容体を見てくれました。ただ私が言えることは、どれほど彼に感謝しているかということです。彼は私の命の恩人です。」

また今回の処置にあたったミカイル医師は後にエルサレムでマットさんと再会し、元気な姿を見て安心したようだ。そして機内でマットさんの処置をした時のことを、このように振り返っている。

「エピペンの代わりに二次救命処置用救急バッグにあったアドレナリンの量を調整し、彼の足の筋肉に投与しました。少し荒療治でしたが、そのまま躊躇していたら気管を切開しなければならない羽目になっていたことでしょう。」

「ありがたいことに薬が効いて気道が開いてくれたのです。その後も念のため心拍数と呼吸をチェックする必要がありました。彼と再び会う機会があったのですが、すっかり元気になった姿を見て本当にうれしく思いました。」

ミカイル医師は6歳の頃にロシアのサランスクから家族と共にニューヨークのブルックリンに移住しており、父親も医師だったという。ニューヨークの医師という肩書に加え、多くの女性を魅了する端正な容姿から雑誌『People』で「アメリカで最もセクシーな医師(America’s sexist doctor)」として紹介されており、その人気ぶりはインスタグラムで320万人を超えるフォロワーを持つほどである。

画像は『doctor.mike 2019年4月9日付Instagram「Hey You? Why haven’t you seen the doctor for your physical yet?」、2019年5月2日付Instagram「Caption this…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)