ネプチューン名倉、アプリで懐かしの“ナグラット潤子”に 「普通にキレイ」の声も

ネプチューン名倉、アプリで懐かしの“ナグラット潤子”に 「普通にキレイ」の声も

ネプチューン名倉、アプリで懐かしの“ナグラット潤子”に 「普通にキレイ」の声もの画像


カメラアプリの「性別変換」フィルターを使った画像加工がブームになっており、芸能人のSNSでも多数公開されている。加工と気付かないほど自然で完成度が高くフォロワーの評判も上々である。アイドルグループSKE48の松井珠理奈がカメラアプリで男性化した姿は、美形のイケメンと大きな反響を呼んだものだ。

では昔から東南アジア系の顔だと言われていたという50代の名倉潤が、このアプリを使って女性化するとそんな風になったのだろうか。

12日の『Jun Nagura nagrat1968 Instagram』に「遊びに来た娘の子供に撮られた」というその姿は「#こんなおばちゃんスナックにいる」との自己評価だが、目鼻立ちのはっきりした“美人ママ”の部類だろう。また2016年のフジテレビ系『FNS27時間テレビ』“林修先生からの挑戦状!ネプリーグ?真夏の女子アナセンター試験”にタイ国際放送アナウンサーとして参加した“ナグラット潤子”を名倉本人、そしてフォロワーの多くが思い出したようである。コメント欄でも、「可愛すぎます! ナグラット潤子さん最高です」「潤子普通にキレイですやん」「ナグラットジュンコなつかしいw」「フィリピンパブのママ!」「なんでか、違和感が無い笑」「まりなさんより全然美人」と大好評だ。

なお「潤子ママ好きでした、笑う犬の」との少数派の意見も見受けられた。名倉が演じた『笑う犬』シリーズ(1998年〜)のコントに登場したオカマバー「スナックじゅんちゃん」の潤子ママのことだが、当時は大変な手間と時間をかけてメイクを施していたキャラである。だが今回の「性別変換」フィルターを使って女性化したバージョンの方が、潤子ママより数段美しいかもしれない。

画像は『Jun Nagura 2019年7月12日付Instagram「遊びに来た娘の子供に撮られた」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)