カズレーザー、Fカップアイドルへの思いを込めて「I字バランス」披露

カズレーザー、Fカップアイドルへの思いを込めて「I字バランス」披露

カズレーザー、Fカップアイドルへの思いを込めて「I字バランス」披露の画像


バレリーナやフィギュアスケート選手のような美しいY字バランスは、柔軟性ばかりでなく筋力も必要とされるのでなかなか難しいポーズである。I字バランスはそのY字よりもさらに脚を持ち上げ、太ももと上半身を近付けなければならないのだ。

そんなI字バランスに挑戦したカズレーザーの画像が、13日の『カズレーザー kazlaser Instagram』に公開されている。「#誰でもI字バランス」とあるように、彼は平然とした表情で片方の脚を上半身に沿わせて立っている。上にあげた脚も真っ直ぐにピンと伸びていて美しい。しかし多くのフォロワーは、“何かおかしい”とすぐ気付いたようだ。

コメント欄には「めっちゃビビった!」「一瞬騙されましたが、自分の足じゃないですね」「その赤いの一本用意できたのがすごい」「カズ様すごいーー!! と思った純粋な気持ちを返してー笑」「中身は何が入ってるんやろ」「wwだからカズはやめらんない」と種明かしを求めず、この投稿を楽しむ声が多く寄せられている。

そもそもカズレーザーがI字バランス姿を投稿したのは、「#エドマエ」というハッシュタグに理由がありそうだ。エド・マエは、今年3月に放送された『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)“自称ブレイク寸前美女”SPに出演し、カズレーザーと山崎ケイ(相席スタート)の前で水着姿になったアイドルグループ「メリーメリー ファンファーレ」のメンバーだ。「200人キャパの会場で閑古鳥が鳴く状態」「グループ存続も危ぶまれている」という売れないアイドルのため、アルバイトもしているが生活は苦しく、交通費が無いので徒歩で帰宅する日々を送っていた。そこで番組の出演を機に「どうしても売れたい!」と考えたエド・マエは、これまで“清純派アイドル”ということで封印していたFカップのビキニ姿を披露することを決心する。だが2人の前で服を脱いでみたものの、恥ずかしさからモジモジするばかり。同番組に出演する女性の多くは「私が、私が」と自己主張が激しい人物が多いためか、カズレーザーは「この番組で“恥ずかしい”って感情は珍しい」とエド・マエを評価していた。

そんな彼女は7日に『エド・マエ(メリーメリー ファンファーレ) edomae_gogo Instagram』で、「エド・マエ推し増えろ」と願いを込めて見事なI字バランスを取る姿を公開した。残念ながら『お願い!ランキング』出演後も、ブレイクするまでには至っていない。今回カズレーザーが「#メリーメリーファンファーレ?頑張れ」とハッシュタグを付けて、I字バランスのフェイク写真を投稿したのは、なかなか芽の出ないエド・マエへの励ましの意味があったのだろう。

画像は『カズレーザー 2019年7月13日付Instagram「エド・マエちゃんのインスタ見てたら、やりたくなったのですのよ。」』『エド・マエ(メリーメリー ファンファーレ) 2019年7月7日付Instagram「エド・マエ推し増えろ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)