小林麻耶、誕生日は夫と映画館デート 2ショットに「お顔がソックリ」の声

小林麻耶、誕生日は夫と映画館デート 2ショットに「お顔がソックリ」の声

小林麻耶、誕生日は夫と映画館デート 2ショットに「お顔がソックリ」の声の画像


2018年7月に電撃結婚し芸能界を引退していた小林麻耶が今年5月、元TBSアナウンサーでタレントの生島ヒロシが会長を務める生島企画室に所属し、芸能活動の再開を発表した。あわせて夫で元ダンサーの國光吟氏も生島企画室に所属し、“あきら。”として芸能活動を始めることを6月10日の『國光吟オフィシャルブログ「AKIRA」』で明かしていた。

それ以降の小林はテレビ番組への出演が増えており、『小林麻耶 maya712star9 Instagram』でも複数の番組収録に参加したことを報告している。仕事が順調そのものの彼女だが、プライベートでも充実した日々を送っているようだ。

小林の誕生日である12日は“映画館デート”だったそうで、インスタグラムには夫婦ツーショットを公開している。「MX4Dで観たのでポップコーンがこぼれないように袋に入っています」とメッセージを添えた写真は、アラフォーカップルとは思えぬほど若々しく、「お二人とも可愛いらしい」「ふたりともかわいいなぁ、ほっこりする」との声がフォロワーから寄せられている。

さらにコメント欄で多く見られるのは「旦那さまとお顔がソックリですねー」「顔がだんだん似てきましたね、素敵なご夫婦」「双子ちゃんだなぁ」「何だか夫婦になってますます顔が似てきたんじゃないかな?」など、小林と夫の顔が似ているという意見だ。長年連れ添った夫婦は同じ“表情”をすることが増えるから顔が似てくるという説もあるが、数十年もの間生活をともにすることで表情や言動、しぐさなどの雰囲気が似てくるそうだ。結婚して1年ほどの夫婦の顔が似ているというのは、もともと性格や行動に共通点が多い2人だったのかもしれない。

画像は『小林麻耶 2019年7月15日付Instagram「誕生日は映画デートへ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)