ベッカム家の長男ブルックリン、1日に2度の駐車違反 写真家としての将来も暗雲か

ベッカム家の長男ブルックリン、1日に2度の駐車違反 写真家としての将来も暗雲か

ベッカム家の長男ブルックリン、1日に2度の駐車違反 写真家としての将来も暗雲かの画像


サッカー界の貴公子デヴィッド・ベッカム(44)を父に、一世を風靡した英人気ガールポップグループ「スパイス・ガールズ」の“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカム(45)を母に、超セレブ夫妻の長男として生まれたブルックリン・ベッカム。

彼は現在、有名肖像&ファッションフォトグラファーであるジョン・ランキン・ワッデル氏のウェストロンドンにあるスタジオでインターンとして働いている。現地時間19日もこのスタジオに足を運んだブルックリンだったが、この日は2度も駐車違反の切符を切られてしまったようだ。さらに運の悪いことに、2度ともその現場をパパラッチにしっかりとキャッチされてしまった。

1度目の駐車違反は午前10時過ぎ。ブルックリンは、ダブル・イエロー・ラインと呼ばれる黄色の2本線が引かれた駐車禁止エリアに堂々と愛車ランドローバー「ディフェンダー」を駐めていたもよう。職場から愛車に向かったブルックリンがフロントガラスに貼られた黄色い紙を見つめる姿は『The Sun』『Metro』など英各紙に掲載されている。

その後とりわけ気にする素振りも見せず車に乗り込み、近くのベーカリーへと向かったブルックリンだったが、なんとそのわずか3時間後に2回目の切符が貼られてしまったのだ。「インターンの身で果たして2枚分の罰金が払えるか?」と英紙は皮肉を込めて報じている。

違反といえば、ブルックリンの父デヴィッドは昨年11月、愛車のベントレーを運転中にスマートフォンを使用していたことが発覚、過去のスピード違反で課されたペナルティポイントとの合算で、今年5月に6か月の免許停止処分を命じられたばかりだった。車に関しては親子揃って情けない顛末になってしまったようだ。

超裕福なセレブを両親に持つブルックリンにとって、1日に2度駐車違反の切符を切られたことは金銭的に何の支障もないだろうが、肝心の写真については「ランキン」スタジオの関係者らが苦言を呈している。

2017年6月に出版した写真集は酷評に終わり、同年9月から通っていたニューヨークの学校も「母親が恋しい」「家族のいる英国に戻りたい」という理由からわずか1年で退学しているブルックリン。関係者は『The Sun』に対し、

「写真の初歩的な知識があそこまで欠けているとは誰も予想していませんでしたよ。」

「彼には皆期待を寄せていたのですが、今のところそれに応えてくれている様子はありません。」

と辛辣なコメントを寄せている。

「欠けた部分は、本人がヤル気で補おうとしている」そうだが、“2世セレブ”として誕生時からその恩恵に授かってきたブルックリンだけに、今後写真家として大成するには本人がどこまで“ハングリー精神”を発揮できるかにかかっているだろう。

画像は『bb 2018年5月16日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)