他の乗客の座席に座り移動を拒んだ男、車椅子に乗せられ強制降機(米)<動画あり>

他の乗客の座席に座り移動を拒んだ男、車椅子に乗せられ強制降機(米)<動画あり>

他の乗客の座席に座り移動を拒んだ男、車椅子に乗せられ強制降機(米)<動画あり>の画像


今月22日、米テキサス州にあるダラス・フォートワース国際空港で、カリフォルニア州ロサンゼルス国際空港へ向けて離陸するアメリカン航空のAA2460便が出発まで45分もの遅れをとってしまった。原因は身勝手な一人の男のせいによるものだった。

同機に搭乗していた乗客の話によると、男の席は機内後部にある36列目だったが気に入らなかったようで、機内前方のファーストクラスのすぐ後ろにある窓際の席へと移動し、勝手に座り込んでしまった。

後にその席を予約した乗客がやってきて、男に席から移動するよう促した。ところが男は、そこが自分の席でないにもかかわらず移動を拒んだのだ。そのため客室乗務員が呼ばれて説得したが、男は暴言を吐き始めた。

「そんな無理強いするな! 俺の勝手にさせろ! これは俺の席だ。嫌ならどっか他の席に行け! もう話すこともないし、俺はここに座ったままでいるつもりだ。もし俺を降機させてみろ、お前らは連邦裁判所に行くことになるぞ!」

客室乗務員もこれには手に負えず警察が呼ばれることとなり、断固として移動しない男に少なくとも4人の警察官が対応にあたった。そして暴れ出した男は後ろ手にされ、車椅子に手錠で繋がれたまま降機させられた。

この間、安全を確保するために一度搭乗した人達は荷物を持って機内から出なければならなかったそうだ。

男の様子は何人かの乗客や空港内にいた人々が撮影しており、車椅子に乗せられた男が警察官に抵抗する様子が捉えられている。なお『Dallas News』によると、男は拘束されたものの逮捕には至らず、その後解放されたという。

画像は『WFAA.com 2019年7月23日付「Video: Disruptive passenger handcuffed to wheelchair, removed from American Airlines flight」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)