メーガン妃の“編集者デビュー”を英版『VOGUE』編集長が絶賛 一方で批判の声も

メーガン妃の“編集者デビュー”を英版『VOGUE』編集長が絶賛 一方で批判の声も

メーガン妃の“編集者デビュー”を英版『VOGUE』編集長が絶賛 一方で批判の声もの画像


秋冬ファッションのトレンド特集に各誌が総力を注ぎ込む9月号は、業界では「年間を通して最も重要な号」と認識されているが、そんなファッション誌の大御所で103年の歴史を持つ英版『VOGUE』の9月号に、初の“ゲスト編集者”としてメーガン妃が名を連ねた。

メーガン妃の妊娠中からプロジェクトを始動し、7か月もかけて完成した英版『VOGUE』9月号。現地時間29日には同誌編集長エドワード・エニンフル氏が朝の情報番組『Good Morning America』に出演し、このたびのメーガン妃とのコラボについて語った。

男女の平等やメンタルヘルス、LGBTQコミュニティー、地球温暖化など世界の人々が関心を寄せる様々な分野で「変革の力」を発揮する15名の女性にスポットライトを当てた同号。エニンフル氏はメーガン妃が、今回のテーマや表紙撮影を担当するフォトグラファーの選定、テーマにふさわしい15名の女性の選出など、そのすべてのプロセスに密接に関わってくれたことを明かした。

エニンフル氏は同誌HPでも「『変革の象徴』として、英国で今最も影響力を持つメーガン妃に英版『VOGUE』の“ゲスト編集者”として携わっていただけたことは、この上ない光栄であり、喜び、そして嬉しいサプライズでした」と妃を絶賛している。またエニンフル氏は、メーガン妃が「自身の伝えたいことを英版『VOGUE』という雑誌のカラーを踏まえたうえで巧みに表現している」と編集者としての腕前にも太鼓判を捺し、自身のInstagramで同誌9月号の表紙をアップするとともに、

「大胆で頭脳明晰、そして人々にインスピレーションを与える女性、メーガン妃が私と一緒に編集に携わってくださいました」

と綴っていた。

しかしエニンフル氏がメーガン妃を絶賛する一方で、妃の“編集者デビュー”を疑問視する声も多く、毒舌司会者として知られるピアーズ・モーガンは、

「“ゲスト編集者”という機会を得たメーガン妃だが、自分自身の宣伝ではなく英王室や英国の発展を第一に考えるべき」

「これまでのロイヤルメンバーの中で一番政治的な活動をしている」

とバッシング。さらに王室評論家のイングリッド・シュワードさんも、

「メーガン妃は英王室ではなく、コンデナスト(Cond? Nast Publications/『VOGUE』を発行する出版社)に多大な貢献をした」

と苦言を呈している。

また「世界を変える影響力を持つ15名」にエリザベス女王を含まなかったこと、医師や看護師、教師、弁護士といった職業に従事する女性が誰1人として選ばれなかったことを批判する声もあがっているようだ。

英国で来月2日に発売される『VOGUE』9月号、その売れ行きにも大きな注目が集まることだろう。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年7月29日付Instagram「We are proud to announce that Her Royal Highness, The Duchess of Sussex is the Guest Editor for the September issue of @BritishVogue.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)