ヘンリー王子&メーガン妃のInstagram、今月のテーマは「変革の力」 フォローすべきアカウントの“一般公募”に賛否両論

ヘンリー王子&メーガン妃のInstagram、今月のテーマは「変革の力」 フォローすべきアカウントの“一般公募”に賛否両論

ヘンリー王子&メーガン妃のInstagram、今月のテーマは「変革の力」 フォローすべきアカウントの“一般公募”に賛否両論の画像


まもなくフォロワー数が1000万人に届きそうなヘンリー王子・メーガン妃夫妻のInstagramは、毎月夫妻の掲げるテーマに沿った活動を行う団体のアカウントをフォローしている。5月は心の健康、6月はLGBTQコミュニティー、7月は環境問題にスポットを当ててきた。

そんな夫妻のInstagramが、8月のテーマに掲げたのは「変革の力」だ。そして今月はInstagramでフォローするアカウントを一般から公募するスタイルを取るという。「あなたにとっての『変革の力』は誰ですか?」と書かれた画像とともに、夫妻のInstagramにはこのように綴られている。

「8月はあなたの力を貸してください。「あなたにとっての『変革の力』を教えてほしいのです…」

ユーザーが未来に向けて精力的に活動を行っていると思う団体を夫妻のInstagramコメント欄でノミネートし、向こう数日間に寄せられた声をもとに夫妻が最終的に15のアカウントに絞り、8月のフォロー先として選定するという。結果が発表されるのは5日のため、それまで夫妻のInstagramのフォロー先は「ゼロ」のままだ。

「毎月夫妻の掲げるテーマに沿った活動を行う団体にスポットを当てる」スタイルを発表した5月には、エリザベス女王の公式アカウントを含むすべての王室メンバーのアカウントから突然フォローを外して物議を醸した夫妻、このたびの“フォロー先を一般から公募”という前代未聞のスタイルも世間を騒がせているようだ。

夫妻のInstagramには現在、様々な団体をノミネートするコメントのほか、

「斬新な試みが素晴らしい」
「より開かれた王室を目指す夫妻に脱帽」

といった称賛コメントが届く一方で、

「一般から公募して選ぶって、何様のつもり?」
「公募なんていいから、まずは身内のアカウントをフォローすべきでは?」

といった声も多く、エリザベス女王の公式アカウントである「ロイヤル・ファミリー」や兄ウィリアム王子とキャサリン妃の「ケンジントン・ロイヤル」などをノミネートするコメントも見受けられる。

ちなみにメーガン妃が“編集者デビュー”を飾った英版『VOGUE』9月号でも、「変革の力」をテーマに取り上げている。男女の平等やメンタルヘルス、LGBTQコミュニティー、地球温暖化など世界の人々が関心を寄せる様々な分野で「変革の力」を発揮する15名の女性にスポットを当てた同号と、今月の夫妻のInstagramテーマはぴったり連動しているようだ。

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻による前代未聞の“公募”、その“結果発表”にも引き続き注目が集まっている。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年8月1日付Instagram「For the month of August we look to you for help.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)