何者かがコンディショナーに脱毛剤混入か 21歳女性の髪が悲惨なことに(米)

何者かがコンディショナーに脱毛剤混入か 21歳女性の髪が悲惨なことに(米)

何者かがコンディショナーに脱毛剤混入か 21歳女性の髪が悲惨なことに(米)の画像


米ウィスコンシン州在住のアシュリー・ローズ・ロビンソンさん(Ashley Rose Robinson、21)は、買い置きしていたパンテーンのシャンプーとコンディショナーを使用した後、髪がごっそりと抜けて最終的には全て失う羽目になってしまった。

アシュリーさんはいつも通りシャンプーの後、コンディショナーを髪に馴染ませて10分ほど置いた。そして洗い流した後にタオルで乾かしたのだが、この時に髪から鼻を突くような刺激臭がしたという。

そのためパンテーン以外のシャンプーでもう一度髪を洗ったところ、手の平には抜け落ちた髪の毛がびっしりと纏わりついており、驚いたアシュリーさんはショックのあまり泣き叫ぶしかなかったそうだ。

どうやらコンディショナーに脱毛剤のようなものが混入していたようで、アシュリーさんは何が混入していたのか不明なこともあり念のために救急病院を訪れ、薬品による火傷の恐れがないか診察してもらった。すると少し頭皮がヒリヒリする程度で、これ以上はひどくはならないとのことだった。

今回使用したコンディショナー「Pantene Pro-V Sheer Volume」は白い液体なのだが、アシュリーさんが使用したものはピンク色だったそうだ。彼女はこのシャンプーとコンディショナーを同州リッチモンドにある大型スーバーマーケット「ウォルマート」で先月23日に購入し、28日に初めて開封して使用したという。

アシュリーさんはひとり暮らしで第三者がコンディショナーに何かを混入することは考えにくいことから、購入する前に何者かがコンディショナーに脱毛剤を混入したものと見られている。

髪がまばら状態になったアシュリーさんは、脱毛した箇所の頭皮が剥き出しになっていた。そして髪の抜けた箇所をカバーするために美容室を訪れてヘアーエクステンションを依頼したが、スタイリストからはエクステンションを装着した地毛に負担がかかり残りの髪の毛も失うことになると言われてしまった。

そのためアシュリーさんは、まばらの髪のままでいることよりも髪を全て剃り落とすという決断をした。しかしその心は大きな痛手を負ったままのようで、外出することや仕事に行くことも怖いと話している。またこの件以来、アシュリーさんはパニック発作が起きるようになり人前に出たくないとまで明かした。

アシュリーさんは今回の件について捜査を依頼しており、警察ではウォルマートに捜査協力を求めているようだ。ウォルマートのスポークスマンは「現在、我々はアシュリーさんの件を調査しており、何が店内で起きたかを究明するため、監視映像を集めて警察とともに調査を進めています」と話している。

アシュリーさんは現在、頭皮の治療費、弁護士費用とかつらを購入するためクラウドファンディングサイト『GoFundMe』で寄付を呼びかけている。

画像は『New York Post 2019年8月1日付「Woman loses hair in clumps after Nair allegedly mixed into her conditioner」(Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)