アンジェリーナ・ジョリーの18歳長男、韓国の名門大学に進学

アンジェリーナ・ジョリーの18歳長男、韓国の名門大学に進学

アンジェリーナ・ジョリーの18歳長男、韓国の名門大学に進学の画像


女優アンジェリーナ・ジョリーが、当時生後7か月だったマドックスさんをカンボジアの孤児院から養子に迎え入れたのは、2002年のことだった。それ以降アンジェリーナが大切に育ててきたマドックスさんは今月5日に18歳の誕生日を迎えたが、このほど韓国の私立大学・延世大学校(英語名:Yonsei University)に進学し、生化学(生物化学)を専攻する予定であることを『PEOPLE.com』が伝えた。

関係者は同メディアに対し、

「マドックスは他の大学にも合格していたのですが、延世への進学を決めました。」

「彼は以前から韓国語を学んでおり、大学準備のために週に何度かレッスンを受けていますよ。」

と語っている。

アンジェリーナとマドックスさんは昨年11月に韓国を訪れソウルの大学をいくつか見学、今年2月にはニューヨーク大学のキャンパスにも足を運んでいたが、最終的に延世大学校を進学先に選んだようだ。ソウル市内にキャンパスを構える同大学は、韓国最古の伝統を誇る名門私立大学。親元を離れて外国の難関大学へと進む決断をしたマドックスさんを、アンジェリーナは親として「大変誇りに思う」と明かした。

アンジェリーナにはマドックスさんの他にも、ベトナムから養子に迎え入れた次男パックスくん(15)、エチオピアからの養子ザハラちゃん(14)、俳優ブラッド・ピットとの間にもうけたシャイロちゃん(13)、双子のヴィヴィアンちゃんとノックスくん(11)がおり、彼らも兄の旅立ちを応援しているようだ。米国からはかなり遠くなってしまうが、アンジェリーナはカンボジアにも家を所有しているため、こちらから家族で韓国を訪れることをきょうだい達も楽しみにしているという。

2001年に映画『トゥームレイダー』(原題:Lara Croft:Tomb Raider)の撮影で訪れたカンボジアにすっかり魅了されたアンジェリーナは、同地でマドックスさんと運命の出会いを果たした。翌年には正式に養子に迎え入れ、以来17年間を共に過ごしてきた。そんな最愛の息子のこのたびのマイルストーンを、アンジェリーナは母親として感慨深く受け止めていることだろう。

アンジェリーナ・ジョリーは今月末にもマドックスさんと渡韓し、大学生活の準備に入るとのことだ。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)