安室奈美恵の才能に引退決意 宮川大輔の“遠い親戚”「鬼軍曹」牧野アンナとは?

安室奈美恵の才能に引退決意 宮川大輔の“遠い親戚”「鬼軍曹」牧野アンナとは?

安室奈美恵の才能に引退決意 宮川大輔の“遠い親戚”「鬼軍曹」牧野アンナとは?の画像


宮川大輔とマキノ省三(牧野省三)は6親等、牧野省三の孫である牧野アンナは9親等、その娘・牧野さりちゃん(7歳)は10親等となる。

今回の企画で牧野アンナは、宮川大輔と親戚であることを初めて知り「びっくりしたのと、普通にテレビでいつも見ていて、大好きな芸人さんの一人だったので嬉しかったです」という。ただ、7歳のさりちゃんは「(宮川のことを)そんなに知らないかもしれない…」とリアクションしており、VTRで見ていた宮川が「頑張るわ」と奮起していた。

牧野省三の子どもたちには、宮川と7親等になる「長男の映画監督・マキノ雅弘」「二男の映画プロデューサー・マキノ光雄」「四女の女優・マキノ輝子」がいる。牧野省三の孫は宮川と8親等にあたる「女優・マキノ佐代子」「沖縄アクターズスクール創設者・マキノ正幸(アンナの父)」さらには「俳優・津川雅彦と妻・朝丘雪路」「俳優・長門裕之と妻・南田洋子」まで遠い親戚と分かり、当の宮川大輔ばかりか共演者たちも驚きを隠せない。

そんななか、VTRのなかでマキノ正幸の娘である牧野アンナが自身の職業について「振付とダンス指導、アイドルの振り付けを主にやっております」と明かし「有名なところでは…」とAKB48『フライングゲット』の振り付けを少し踊って見せた。

スタジオでは「へぇ〜」と感心する声が起きたものの、とにかく共演者が「津川雅彦を超える親戚はもう出て来ないやろう!」とハイテンションになるなか「牧野アンナ」の話題はそれで終わってしまった。

実は牧野アンナと芸能界、特にアイドル界の関わりは深い。彼女は1983年に沖縄アクターズスクールへ入学すると1987年1月にアイドル歌手としてデビューしており、デビューシングル『Love Song 探して』は『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』の楽曲で知られる。2ndシングル『瞳は元気なブルースカイ』を出すもヒットに恵まれず、父親に相談して沖縄アクターズスクールのインストラクターになった。

だがスターの夢を諦めきれず、1992年にSUPER MONKEY’Sのリーダーとして再デビューを果たす。メンバーには安室奈美恵や後にMAXとして活躍する澤岻奈々子(Nana)、天久美奈子(Mina)などがおり、牧野は最年長の20歳だった。

1992年9月にSUPER MONKEY’Sとして『恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.』でメジャーデビューするも、牧野はなぜか同年の12月に脱退。再び沖縄アクターズスクールに戻り今度はチーフインストラクターとなった。

彼女は後のインタビューで、脱退した理由について「安室奈美恵の資質と才能を目の当たりにして自分には無理だと思った」「彼女はどんな辛いレッスンも楽しんでおり、そこがすごい」との趣旨を話している。

やがて2002年、日本ダウン症協会のイベントをきっかけに沖縄アクターズスクールを退職すると、10月にダウン症の子どもたちにダンスを教えるスタジオ「LOVE JUNX」を開業する。

前述のようにアイドルへの振り付けやダンス指導を行っており、特にAKB48グループとの付き合いは長い。なかでもSKE48への指導は厳しかったことで知られ「鬼軍曹」と呼ばれたのもその頃からだ。

そうした彼女の経歴を知る人からは『はじめまして!一番遠い親戚さん』を見て、「宮川大輔の親戚に牧野アンナはすごいわ」「宮川大輔の親戚の牧野アンナさん ドラクエ2の歌歌ってた元アイドルだ」「牧野アンナちゃん久しぶりに見たなぁ。昔安室ちゃんと出てたんだよね。懐かしい」などのツイートが見受けられた。

他に「牧野アンナってあれだよね フェアリーズが結成した直後にまひろに一喝いれたひとだよね…」「さっき牧野アンナさんが出てきたとき娘叱ってたけど、#イコラブ ちゃんと #ノイミー ちゃんは10000倍くらい強く叱られて多数号泣してた…」という情報もあり、「鬼軍曹」ぶりは健在のようである。

ちなみに同番組では触れなかったが、7月29日放送のテレビ朝日系『報道ステーション』でスポーツコーナーにゲスト出演した競泳男子の瀬戸大也選手とキャスターを務める元テニスプレーヤーの松岡修造が「遠い親戚」であることを明かしていた。意外な人が親戚だと分かる瞬間は周りもワクワクするものだ。

画像1、3枚目は『牧野アンナ annamakino 2018年8月8日付Twitter「尊敬して止まない大好きな伯父が亡くなってしまいました。」』『from Anna 2019年1月22日付オフィシャルブログ「今年初の沖縄」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)